メインメニューを開く

一般財団法人民主音楽協会(みんしゅおんがくきょうかい、英:Min-On Concert Association)は、日本の音楽文化団体。略称は民音(みんおん)、MIN-ON。1963年10月18日創立。

民主音楽協会
Min-On Concert Association
Min-On Music Museum.JPG
団体種類 一般財団法人
設立 1963年10月18日
所在地 東京都新宿区信濃町8番
法人番号 6011105000291
主要人物 伊藤一人(代表理事)
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 コンサート事業
博物館事業
コンクール事業
ウェブサイト https://www.min-on.or.jp/
テンプレートを表示

概要編集

音楽文化の向上や、音楽を通した異なる文化との交流などを目的として、創価学会名誉会長の池田大作によって設立された。コンサート事業などを通し、世界各国との文化交流は110ヵ国・地域に及んでいる。(2018年12月現在)

関連施設として新宿と神戸に民音音楽博物館(英:Min-On Music Museum)があり、貴重な古典ピアノをはじめオルゴール、民族楽器、楽譜などの音楽資料などを所蔵している。

コンサート事業編集

コンサート・公演編集

クラシック民族音楽演歌歌謡曲舞踊落語お笑いなど取扱いジャンルは幅広く、国内外のアーティストのコンサート・イベントの主催・企画制作、チケット販売を行っている。全国のホール・劇場で興行を開催しており、全体的に中高年からシニア層向けの企画が多い。企画のジャンルは多岐にわたるが、オリジナルの舞台を制作する傍ら、他のプロモーターと同じ内容の企画も行う。

海外アーティスト編集

1965年12月より海外アーティストの公演をはじめ、100ヵ国を超える海外アーティストの公演を行ってきた。アルゼンチン・タンゴのジャンルにおいて1970年から「民音タンゴ・シリーズ」と題し、継続で開催している。また、中国からも京劇雑技団などを継続して招聘し公演を行っている。

コンサート実績編集

海外の民族音楽編集

1979年から行った「シルクロード音楽の旅」シリーズは、シルクロード沿線の音楽文化を紹介し、大ヒットとなった。企画段階から、民族音楽学者の小泉文夫や演出家の藤田敏雄と共に、民音シルクロード音楽調査団として各国の現地調査を行い、学術的にも貴重な成果を残した。[1]

さらに、1984年から「マリンロード音楽の旅」と題し、タイマレーシアインドネシアフィリピンミャンマーブルネイスリランカなどの音楽や舞踊を紹介した。[2]

1990年代からはアフリカ各国での公演を進め、ケニア国立民族音楽舞踊団、ナイジェリア国立舞踊団、南アフリカアマンポンドなどを招聘し、1999年からは「アフリカ音楽紀行」と題してエチオピア国立民族舞踊団、ガーナ国立舞踊団などの招聘公演を行った。

海外ジャズ・ポップス編集

1988年ティナ・ターナー、1990年ナタリー・コール、1991年ベン・E・キングなどの海外歌手の公演を行ってきた。2005年にはサンタナハービー・ハンコックウェイン・ショーターによるセッションを実現。2015年にはイスラエルイダン・ライヒェルの初来日公演を行った。

日本のポップス・歌謡曲編集

1967年、歌謡ショー「民音歌の大行進」をスタート。布施明守屋浩島倉千代子など、数多くの歌手が日本武道館(後に浅草国際劇場に会場変更)のステージに出演した。1976年、音楽とドラマを融合した「民音浪漫劇場」を開始。シリーズには、あおい輝彦緒形拳などが出演した。その他、全国縦断する「ロング・リサイタル」シリーズ(淡谷のり子村田英雄橋幸夫など)など数々のオリジナル企画を行った。[3]

クラシック編集

1960~80年代に、オーケストラ・オペラ・バレエにおいて積極的に海外から招聘を行った。代表的なものとして、1966年ノボシビルスク・バレエ団、1969年ズービン・メータ指揮によるロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団、1975年ロイヤル・バレエ団、1980年カール・ベーム指揮によるウィーン国立歌劇場オペラがあり、また1981年にはミラノ・スカラ座の初来日公演(指揮:クラウディオ・アバドカルロス・クライバー。歌手:プラシド・ドミンゴ他)を行った。[4]

アルゼンチン・タンゴ編集

民音タンゴ・シリーズとして、1970年ホセ・バッソ楽団を皮切りに毎年、アルゼンチン・タンゴのコンサートを開催している。過去には、オスバルド・プグリエーセマリアーノ・モーレス、フリアン・プラサなどの巨匠が出演した。[5]

2002年より、ブエノスアイレス市主催の「タンゴダンス世界選手権世界大会 ステージ部門」優勝者に民音賞を授与している。[6]

中国編集

1975年中国北京芸術団から中国との交流公演を始め、京劇・歌舞団・雑技団を多数招聘している。代表的なものとして1991年の東方歌舞団、2000年の上海雑技団、2002年の梅蘭芳が初代院長を務めた中国国家京劇院(2006年、2009年、2014年、2017年にも来日)、2004年の広東雑技団、2007年の中国雑技団などがある。2015年の上海歌舞団による舞劇「朱鷺」は、全国ツアー前の2014年10月のプレビュー公演に安倍晋三が来場し話題になった。[7]

民音学校コンサート編集

民音学校コンサートは、参加無料で全国の小学校・中学校・高校の児童生徒を対象に開催されるコンサート。学校の体育館や各地のホールなどで開催される。1973年5月に北海道士別市立士別中学校から開始され、2018年1月現在で参加校数4,487校、参加者は130万人を越えた。[8]

東北希望コンサート編集

東北希望コンサートは、IBC岩手放送東北放送ラジオ福島TBSラジオ、民主音楽協会5社の共同主催で開催するコンサート及びラジオ番組。東日本大震災の被災地となった小学校中学校の児童生徒を対象に、2012年5月より開催されてきた。コンサートの模様がライブ録音され、ラジオ番組として放送されている。[9]

東京国際音楽コンクール編集

詳細は「東京国際音楽コンクール」を参照

東京国際音楽コンクール(英: Tokyo International Music Competition)は、民主音楽協会が主催する音楽コンクール。民音コンクールを前身として、1987年に現在の名称に変更した。現在は指揮部門だけが、3年ごとに開催されている。

留学生音楽祭編集

留学生音楽祭は、在日留学生が出演し、京都大阪横浜で行われるコンサート。在日の留学生と日本の学生が、音楽文化の交流を通して、相互理解と友好を深めあうことを目的としている。出演はボランティアで行われており、観覧も公募により無料で参加できる。1989年に京都留学生音楽祭として開始され、1991年に大阪でも開催、2009年から「関西留学生音楽祭」と名称変更し、京都と大阪を隔年で開催している。2014年から「かながわ留学生音楽祭」として横浜でも開催されており、関西に加え関東でも開催されてきた。[10]

民音音楽博物館編集

詳細は「民音音楽博物館」を参照

民音音楽博物館(英:Min-On Music Museum)は新宿と神戸にある音楽博物館。無料にて公開されており、貴重な古典ピアノをはじめオルゴール民族楽器などを鑑賞できる。2012年に兵庫県神戸市に西日本館を開設、2014年には付属組織として、民音研究所を開設した。[11]

展示品編集

常設展示として、ピサ・チェンバロ(1580~1600年頃制作)やアントン・ワルター(1795年制作) 、ヨハン・フリッツ(1800年頃制作) 、プレイエル・グランド・ピアノ(1845年制作)など、歴史的なチェンバロフォルテピアノピアノが公開されている。また、展示のみならず実演にて、それらの音色を聴くことができる。その他、18世紀制作のオルゴールや、蓄音機、世界の民族楽器なども公開されている。企画展示も行われており、様々なテーマの展示が期間限定で行われる。

音楽ライブラリー編集

東京の本館内に、12万点以上の録音資料、4万点を超す楽譜、3万冊の音楽書を揃え、資料の視聴・閲覧と貸し出しを行っている。ウェブOPACを有しており、インターネットでの資料検索も可能となっている。

民音研究所編集

民音研究所(英:Min-On Music Research Institute)とは、2014年10月に音楽博物館付属組織として、音楽と平和構築を研究テーマに設置された研究所。研究員による年次報告会の開催や、学術交流などを行っている。

脚注編集

外部リンク編集