民族植物学 (みんぞくしょくぶつがく、英語: Ethnobotany)は植物人間文化の相互関係を研究する学問分野である[1]アメリカ合衆国植物学者John W. Harshbergerが1895年に初めて用いた言葉といわれている[2]

民族植物学者ブラジル原住民を調査中。
民族植物学専門の植物園も始まっている(ハワイ民族植物園で)。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集