民衆の敵 (戯曲)

民衆の敵』(みんしゅうのてき、原題:En Folkefiende)は、ヘンリック・イプセンによって1882年に書かれた戯曲。映画化もされている。アメリカでの演劇脚本はアーサー・ミラーによって書かれている。

民衆の敵
En Folkefiende
イプセンによる民衆の敵原稿表紙
イプセンによる民衆の敵原稿表紙
著者 ヘンリック・イプセン
発行日 1882年11月18日
ジャンル 戯曲
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 舞台芸術
Portal.svg ウィキポータル 映画
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

目次

物語編集

19世紀後半、ノルウェーの田舎町で温泉が発見され、町の人々は観光による町おこしを目論む。しかし、開業医トマス・ストックマンは、町の製革所(経営者はトマスの妻の父親)からの廃液が浴場を汚染していることを発見する。彼は兄である町長に源泉の使用中止を進言するが、利益を優先するため経費のかかる温泉の引きなおしは却下され、現実を訴えるために開かれた町民集会でも彼の意見は抹殺されてしまう。彼の医師の倫理と人間としての正義感は民衆にとっては敵でしかないのだった。彼とその家族は次第に孤立して行く。

日本語訳編集

映画編集

1978年版編集

民衆の敵』(みんしゅうのてき)は、1978年(昭和53年)製作・公開、イプセンの同名戯曲をアーサー・ミラーが翻案した戯曲を原作としたアメリカ合衆国の映画である。

アクションスターとして名声を得ていたマックイーンであったが、性格派俳優のスペンサー・トレイシーを尊敬し、アクターズ・スタジオで演劇を学んだ彼は文芸作品にも強い関心を抱いていた。原作に惚れ込んだ彼は映画化権を取得、自身が主宰するソーラープロで映画化した。役作りのため体重を増やし、眼鏡をかけ髪と髭を伸ばした姿はマックイーンと気づかぬ者が出るほどで、スタントのない抑えた演技で人間ドラマを演じた。

しかしマックイーンの熱意とは裏腹に、この極めて地味な作品の評価は低く、全米での公開は見送られてしまう(大学などでの自主上映は行われた)。日本では1983年3月に日本ヘラルド映画(現:角川ヘラルド映画)により公開されたが、製作から30年を経てもビデオソフト化もされていない(アメリカ本国ではワーナービデオアーカイヴからDVDが発売されている)。

2005年版編集

人民の敵』(じんみんのてき)は、2005年(平成17年)製作・公開、イプセンの戯曲『民衆の敵』を原作としたノルウェーの映画である。

  • 原題:En folkefiende(英題An Enemy of the People
  • 日本公開題:人民の敵
  • 2005年、ノルウェー映画、87分
  • 監督:エリック・ショービャルグ(エーリク・ショールビャルグ)

イプセンの原作によりつつも、時代を現代に移して携帯電話やテレビの討論番組などのメディアを登場させ、主人公はテレビタレント、その兄をミネラルウォーターの会社の社長とするなど、設定を変更している。

2006年11月9日 - 11日に開催されたイプセン没後100年記念フェスティバル「我々にとってのイプセン」の企画の一つとして、11月10日に早稲田大学小野記念講堂で上映された。

上演編集

外部リンク編集