気分変調症

気分変調性障害から転送)

気分変調症(きぶんへんちょうしょう、Dysthymia:ディスチミア)とは、軽い抑うつ気分がほとんどの日において、年単位で持続する気分障害である。DSM-5では持続性抑うつ障害(Persistent Depressive Disorder)と気分変調症の診断名が併記されている。その前のDSM-IVでは気分変調性障害(きぶんへんちょうせいしょうがい、Dysthymic disorder)である。うつ病ほど深刻ではなく、軽いうつ状態が慢性的に続く障害である。

Dysthymic disorder
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
精神医学
ICD-10 F34.1
ICD-9-CM 300.4
MedlinePlus 000918
MeSH D019263

その前のDSM-IIIは、気分変調性障害に併記して抑うつ神経症(よくうつしんけいしょう、depressive neurosis)とし、これは神経症の語の廃止に伴うものである[1]

DSM-IVおよびICD-10の診断基準によれば、気分変調症は慢性的抑うつが続く状況であり、その症状は最低でも2年以上(児童青年では1年以上)継続している必要がある[2]。その間に、本格的なうつ病になることがあり、二重うつ病と呼ばれる[3]

目次

原因編集

神経伝達物質の異常や遺伝的要因もあるが、心理的ストレスの影響がうつ病より大きいと考えられている[4]

症状編集

ほとんど1日中、憂鬱状態が続き、疲れやすく集中力、思考力、判断力なども低下する。自信も自尊心もぐらつき、絶望を感じる事もある。一方で不機嫌になり、自分の現状に不満を感じ、それを他人のせいにする傾向がみられる。食欲体重の急激な減少または増加、不眠または過眠も見られる[4]

鑑別診断編集

正常な持続的な悲しみは、慢性的にストレスがあるとか、失望的な生活を送る場合に起こりうる[5]。正常な範囲で慢性的に悲観的な人も多く、診断には重症であることが必要である[5]。また、経済的な重圧や、介護、他の病気に対処しているといった慢性的なストレスと関連する場合には、気分変調症ではない[5]

うつ病との違いは、うつ病の方が症状が重症である[5]。躁・軽躁のエピソードがあれば、双極性障害である[5]

特に人生後期の発症は、身体的疾患が疑われる[5]。貧血や甲状腺機能低下症は長く続く抑うつ症状を生じさせる[5]。慢性的な薬物の使用もである[5]

二重うつ病編集

二重うつ病(double depression)は、気分変調症における2年以上続く一定の抑うつ気分の期間中に、うつ病の期間が挿入されるものである[6]

治療編集

英国国立医療技術評価機構(NICE)の成人を対象とした臨床ガイドラインでは、治療について一般的な大うつ病と区別をしておらず[2]、うつ病性障害のサブタイプや患者の個性に基づいて治療を変えることへの根拠は乏しい(little evidence)として、様々な治療戦略を取っ換え引っ換えし続けることのないよう述べている[2]

またNICEの児童青年を対象とした臨床ガイドラインでは、気分変調症は中等症のうつ病と同じ扱いであり、非指示的療法、グループによる認知行動療法、専門理論に基づいたセルフヘルプを行うとされている[7]

疫学編集

世界的な発病率は毎年1.05億人(人口の1.5%)[8]とされる。男性(1.3%)、女性(1.8%)と女性のほうが多い[8]。英国の2007年国家統計では、1週間有病率は2.5-5%であった[9]

出典編集

  1. ^ 宮岡等 『うつ病医療の危機』 日本評論社、2014年、122頁。ISBN 978-4535984110
  2. ^ a b c CG90 - Depression in adults: The treatment and management of depression in adults (Report). 英国国立医療技術評価機構. (2009-08). Introduction, Recommendation chapt.1.6. https://www.nice.org.uk/guidance/cg90. 
  3. ^ “Dysthymia” (February 2005 issue of the Harvard Mental Health Letter). Harvard Health Publications (Harvard University). (February 2005). オリジナルの6 January 2010時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100106064958/http://www.health.harvard.edu/newsweek/Dysthymia.htm 2009年12月12日閲覧。. 
  4. ^ a b 『最新版、図解、症状でわかる医学百科』主婦と生活社、2007年、2014年、p.193
  5. ^ a b c d e f g h アレン・フランセス 『精神疾患診断のエッセンス―DSM-5の上手な使い方』 金剛出版、2014年3月、56-57頁。ISBN 978-4772413527
  6. ^ Schacter, Daniel L., Daniel T. Gilbert, and Daniel M. Wegner. "Chapter 14: Psychological Disorders." Psychology. ; Second Edition. N.p.: Worth, Incorporated, 2010. 564-65. Print.
  7. ^ CG28: Depression in children and young people (Report). London: 英国国立医療技術評価機構. (2005). Recommendations chapt.1.2. http://www.nice.org.uk/CG28. 
  8. ^ a b Vos, T (Dec 15, 2012). “Years lived with disability (YLDs) for 1160 sequelae of 289 diseases and injuries 1990-2010: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2010.”. Lancet 380 (9859): 2163–96. doi:10.1016/S0140-6736(12)61729-2. PMID 23245607. 
  9. ^ CG123- Common mental health disorders: Identification and pathways to care (Report). 英国国立医療技術評価機構. (2011-04). Introduction. http://www.nice.org.uk/guidance/CG123. 

関連項目編集