水の中の八月 (映画)

水の中の八月』(みずのなかのはちがつ)は、1995年9月9日に公開された日本映画石井聰亙の監督・脚本による神秘主義的なファンタジー映画。主演は小嶺麗奈青木伸輔

水の中の八月
監督 石井聰亙
脚本 石井聰亙
製作 佐藤正悦
出演者 小嶺麗奈
青木伸輔
草刈正雄
天本英世
音楽 小野川浩幸
松尾謙二郎
長峯寛幸
柏木省三
撮影 笠松則通
山城雄一郎(Hi-8撮影)
編集 松尾浩
製作会社 『水の中の八月』製作委員会
ヒルヴィラ
配給 『水の中の八月』製作委員会
公開 日本の旗 1995年9月9日
上映時間 117分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

東京を舞台に作品を作り続けてきた石井聰亙が、自主映画時代以来初めて、故郷である福岡を舞台にした長編映画。1993年に発表したオムニバスドラマ『TOKYO BLOOD』の一編「HEART OF STONE」で描かれた自然との交感というモチーフがベースになっている[1]福岡市の全面協力により全編博多ロケで製作し、全国に先駆けて福岡県で先行公開された[1]

主演の小嶺麗奈はモデル出身で本作が映画デビュー作。高飛び込みの場面はすべて自ら演じている[2]

撮影は主に16ミリカメラで行われ、祭りの場面など一部の箇所ではHi-8で撮影された映像も用いられている[3]

1996年、イメージファクトリーアイエムよりVHSソフトが発売。2009年にトランスフォーマーよりDVDソフトが発売。

物語編集

超新星が爆発したある年の夏、高校生の真魚は、水族館で少女がイルカの水槽に飛び込む姿を目撃する。彼女は同じ学校の後輩で高飛び込み選手の泉だった。二人は次第に親交を深めていく。その頃、世界では「石化病」という原因不明の奇病が流行し、人々が次々と倒れていた。ユニバーシアードの全国大会に参加した泉は、決勝戦で飛び込みに失敗する。真魚はプールに沈んだ泉を助け出すが、彼女は意識不明の重体となる。やがて臨死体験から目覚めた泉は、性格が一変し、さまざまな自然と交感できるようになったと言う。夢遊病のように遺跡を彷徨う泉を真魚は心配する。やがて彼女は自分が生き返ったのはこの世界を救うためだと悟る。泉は真魚の静止も聞かずに夜の川に身を投げる。すると石火病は消え去った。真魚は考古学者となり、泉の起こした奇跡を調べることに一生を捧げる。

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』勁文社、1997年、376頁。ISBN 4766927060 
  2. ^ 『水の中の八月』劇場用パンフレット. ヒルヴィラ. (1995年) 
  3. ^ 「DICE 骰子」第6号. アップリンク. (1994年) 

外部リンク編集