水上 澄子(みずかみ すみこ、7月12日 - )は、滋賀県出身の日本の漫画家。1975年の第10回「なかよし・少女フレンド新人まんが賞」に「両手いっぱいの花を」で入選し、その年の講談社の漫画雑誌『なかよし』11月号に掲載されてデビューした。その後、1986年頃まで『なかよし』本誌とその派生誌(『なかよし増刊』『なかよしデラックス』)で活動した。単行本の数は8冊(7作品)と少なく全て絶版であるが[1]、2008年現在でも根強いファンがいる。なおゴシックミステリー「マスカレード」やSF作品「St.フェリシティ号は行く」などいくつかの作品は単行本化されていない。

単行本作品編集

講談社のKCなかよしから刊行。

  • 恋の絵はどうかくの?(1977年12月 他に「エリカの花ちる前に」「セントポーリアの村へ」「オリバーの微笑」「エリカおばさんの初恋」「黄色いリボンにさようなら」収録)
  • 樫の木物語(1979年10月)
  • たとえば野に咲く花のように(1981年2月 他に「両手いっぱいの花を」「センチメンタルカーニバル」「しあわせの歌をつむいで」収録)
  • 花かざりの道(1982年4月 他に「花屋敷からきみへ」「キャンドルライト」収録)
  • ぼくたちの行進曲―聖クラレンス物語(1983年4月 原作:佐和みずえ
  • 銀色のリフレイン(全2巻)(1984年1月、1984年3月)
  • リンデングリーンの小鳥たち(1984年10月 他に「メモリー」収録)

他に『「なかよし」読みきり傑作選(1976~80)』(講談社漫画文庫、2000年10月)に「しあわせの歌をつむいで」が収録されている。

脚注編集

  1. ^ ただし2019年現在、「ぼくたちの行進曲」以外の単行本は、電子版で読むことができたり(講談社コミックプラス)、オンデマンド印刷で製本するサービスが利用できる(コミックパーク)。

外部リンク編集