メインメニューを開く

水内 猛(みずうち たけし、1972年11月19日 - )は、神奈川県出身の元サッカー選手スポーツキャスター。ポジションはフォワード

水内猛 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ミズウチ タケシ
ラテン文字 MIZUUCHI Takeshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-11-19) 1972年11月19日(46歳)
出身地 神奈川県
身長 170cm
体重 66kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

叔父は、ミュンヘン夏季五輪1972年男子バレーボール金メダリストの大古誠司。妻はTBSアナウンサーの小倉弘子

目次

来歴・人物編集

小学生の時はサッカー野球をやっていた。横浜市立汲沢中学校、神奈川県立旭高等学校3年次に高校選手権に出場しベスト8進出。2回戦では強豪の清水東高校を破る決勝点を決める活躍を見せ、大会優秀選手に選出された。

卒業後の1991年に三菱自動車工業へ入社、1992年からは社員選手として浦和レッドダイヤモンズに入団。Jリーグ開幕後の1993年は柱谷幸一福田正博といった主力選手の負傷などもあって、NICOSシリーズ(2ndステージ)からレギュラーに定着。クラブは2年連続年間最下位という苦境の下にあったが主軸として活躍し、その明るいキャラクターからファンを虜にした。

後に、ブランメル仙台(現ベガルタ仙台)に移籍し1997年で現役引退。引退後はホリプロに所属し、『REDS TV GGR』のキャスターを務める等、スポーツ番組を中心にテレビ出演を行っている。

2005年4月TBSアナウンサーの小倉弘子と結婚。2008年3月8日午前0時13分、第1子となる女児が誕生している。

2011年12月29日に自身のブログにて弘子夫人が「(発信時点で)妊娠4ヶ月であり、2012年6月下旬にも第2子出産予定」である事を報告した。同年5月22日午前8時40分、第2子となる次女が誕生。

2017年11月1日、自身のブログを更新し「我が家のお話ですが…第三子を授かりました」と報告。「今日、TBSラジオの生放送で奥様からもご報告があったかと思いますので、このタイミングで 予定日は来年の1月下旬頃かと」と明かした[1]

利き足は右だが、足以外は左利きである。

本人曰く、「(現役時代は)ドリブルはほとんどしたことがなく、ワンタッチゴールが多かった」とのことで、「福田さんに『お前が一生でドリブルした距離より永井雄一郎が1試合でドリブルする距離の方が長い』と言われたことがある」という[2]

TBSの改編期特番『オールスター感謝祭』では、毎回赤坂5丁目ミニマラソンで上位争いをしており(10位以下着外は現段階で1回だけ)、2003年春には優勝している。また、クイズのほうでも2012年秋に優勝しており、クイズ・マラソン両方の優勝経験がある数少ない1人である。しかし、この2012年秋を最後に以後は出演していない(2013年よりレギュラー出演している『すくすく子育て』(NHK Eテレ)が裏番組になるため)。

スポーツマンNo.1決定戦編集

  • プロ引退後にスポーツマンNo.1決定戦の第7回芸能人サバイバルバトルに参戦。BEACH FLAGS 3回戦進出、QUICK MUSCLE 4位、そしてTAIL IMPOSSIBLEでは元プロサッカー選手の意地を見せ、種目別No.1を獲得し、最終的に総合3位入賞を果たす。
  • 第10回大会に久々の参戦となり、前回No.1だったTAIL IMPOSSIBLEでは飯沼誠司なかやまきんに君永井大の猛攻によって第3レースの4位で脱落となるも、MONSTER BOXで自己記録を3段更新して16段、QUICK MUSCLE 2位に入り、最終的に総合4位入賞を果たす。
  • 最後の出場となった第12回大会ではMONSTER BOXで、またも自己記録を更新する17段、BEACH FLAGS 3回戦進出となるも、BURN OUT GUYSでは雲梯から落下して失格が大きく響き、総合10位と初めて脱落の憂き目にあった。
芸能人サバイバルバトル
大会 放送日 総合順位
第7回大会 2000年10月10日・14日 3位
第10回大会 2002年9月27日 4位
第12回大会 2003年9月26日 10位

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1990-91 三菱 28 JSL1部 1 0 - - 1 0
1991-92 1 0 0 0 0 0 1 0
1992 浦和 - J - 0 0 0 0 0 0
1993 18 7 4 1 2 3 24 11
1994 20 2 2 1 3 2 25 5
1995 10 1 - 0 0 10 1
1996 B仙台 旧JFL 21 15 - 3 3 24 18
1997 9 22 3 3 0 2 3 27 6
通算 日本 J 48 10 6 2 5 5 59 17
日本 JSL1部 2 0 0 0 0 0 2 0
日本 旧JFL 43 18 3 0 5 6 51 24
総通算 93 28 9 2 10 11 112 41

その他の公式戦

引退後の出演番組編集

テレビ番組編集

テレビドラマ編集

ラジオ編集

脚注編集

外部リンク編集