メインメニューを開く

水南区域(スナムくいき)は、朝鮮民主主義人民共和国咸鏡北道清津市に属する区域。同市の中心部の西側に所在する。

水南区域
位置
各種表記
チョソングル: 수남구역
漢字: 水南區域
片仮名転写: スナム=グヨク
ローマ字転写 (MR): Sunam-guyŏk
統計
行政
国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
テンプレートを表示

行政区画編集

9洞を管轄する。

  • 末陰一洞(マルミルトン)
  • 末陰二洞(マルミドン)
  • 水南一洞(スナミルトン)
  • 水南二洞(スナミドン)
  • 新郷洞(シニャンドン)
  • 漁港洞(オハンドン)
  • 青南洞(チョンナムドン)
  • 楸木洞(チュモクトン)
  • 楸坪洞(チュピョンドン)

歴史編集

水南区域は1960年に設置された。

年表編集

この節の出典[1]

  • 1960年10月 - 咸鏡北道清津市水南洞・漁港洞・末陰洞・新郷洞・楸坪洞をもって、清津市水南区域を設置。(6洞)
    • 水南洞の一部が分立し、青南洞が発足。
  • 1963年11月 - 清津市の昇格に伴い、清津直轄市水南区域となる。(9洞)
    • 青南洞・水南洞の各一部が合併し、水南一洞が発足。
    • 青南洞の一部・水南洞の残部が合併し、水南二洞が発足。
    • 末陰洞が分割され、末陰一洞・末陰二洞が発足。
    • 楸坪洞の一部が分立し、楸木洞が発足。
  • 1970年7月 - 清津直轄市の降格に伴い、咸鏡北道清津市水南区域となる。(9洞)
  • 1977年11月 - 清津市の昇格に伴い、清津直轄市水南区域となる。(9洞)
  • 1985年7月 - 清津直轄市の降格に伴い、咸鏡北道清津市水南区域となる。(9洞)

交通編集

脚注編集