メインメニューを開く

水原町(すいばらまち)は、かつて新潟県北蒲原郡にあった白鳥が飛来する瓢湖で知られていた。新潟市(旧西蒲原郡黒埼町を除く)への通勤率は14.1%(平成12年国勢調査)。

水原町
廃止日 2004年4月1日
廃止理由 新設合併
水原町安田町笹神村京ヶ瀬村
阿賀野市
現在の自治体 阿賀野市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
都道府県 新潟県
北蒲原郡
団体コード 15303-6
面積 38.75km2.
総人口 20,791
(2004年3月31日)
隣接自治体 京ヶ瀬村豊栄市笹神村安田町
五泉市新津市三川村
町の木 サクラ[1]
町の花 アヤメ[1]
町の鳥 ハクチョウ[1]
水原町役場
所在地 959-2092
新潟県新潟県北蒲原郡水原町岡山町10-15[1]
Agano cityhall.jpg
阿賀野市役所(旧水原町役場)
外部リンク 水原町Internet Archive
水原町の位置
 表示 ウィキプロジェクト
水原中心部

2004年(平成16年)4月、安田町京ヶ瀬村笹神村と合併し、阿賀野市になった。

地理編集

新潟県の北東部に位置し、国道49号が南北に縦断して、国道460号と交わる。市街地は羽越本線水原駅周辺に集中し、南部には田園地帯が広がる。

町の南西は、阿賀野川を挟んで新津市と接する。

町の南東に、安田町、笹神村、三川村に囲まれた飛び地が存在したが、阿賀野市の誕生により解消された。

隣接していた自治体編集

歴史編集

  • 平安時代 - 白河荘と呼ばれる荘園で、藤原摂関家が支配した。
  • 平安末期 - 城氏が越後守として支配。
  • 鎌倉初期 - 源頼朝が城一族を滅ぼす。関東御家人大見氏(後の水原氏、安田氏、山浦氏)が地頭職として補任。
  • 江戸時代 - 幕府新発田藩村上藩に三分。
  • 1764年(延享3年) - 水原代官所がおかれた。
  • 1868年(明治元年)9月 - 天朝山に新潟府がおかれた。
天朝山は戊辰戦争北越戦争)で消失した市島邸跡地。
水原町 水原町、中島村、外城村
安野村 下条村、山口村、山口村新田
堀越村 堀越村、小境新村、福田村、牧島村、境新村、越御堂村、野地城村、田中村、七石村、庄ヶ宮村、里村、深町村、金澤村、百津村、土橋村、市野山村、上中村、上中ノ目村、荒屋村、下金田村、大野地村、境新田、中潟新村新田、五分市村、新飯田村、中野村
社田村 分田村、寺社村、浦新村、東町村、上福岡村、西岡村、水ヶ曾根村、山本新村、熊居新田、上江端村、切梅新田、飯田新田
  • 1890年(明治23年)3月 - 社田村が分田村に改称する。
  • 1901年(明治34年) - 水原町が安野村と合併。町役場は旧安野村大字下条に設置[2]
  • 1955年(昭和30年) - 水原町が堀越村、分田村と合併。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 水原町、安田町、笹神村、京ヶ瀬村が合併して、阿賀野市になった。

教育編集

交通編集

名所・旧跡・観光スポット編集

文化編集

  • 郷土玩具 三角だるま
  • 水原文化劇場 - 1969年の水原町では唯一の映画館[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 市町村要覧:水原町
  2. ^ 明治三十九年十月改正 新潟県市町村名全書、p.7
  3. ^ 1969年の映画館(北陸・甲信越地方)「消えた映画館の記憶」を参照した。『映画年鑑 1969年版 別冊 映画便覧 1969』時事通信社、1969年

参考文献編集

  • 『明治三十九年十月改正 新潟県市町村名全書』高橋活版所、1906年10月24日。
  • 平成14年度市町村要覧”. 新潟県. 2004年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集