水城通り

水城通り(みずきどおり)は、香川県高松市北浜町の旧宇高国道フェリー乗り場前から高松市寿町一丁目のサンポート高松玉藻交差点までに至る国道30号(全区間で国道436号が重複)の愛称。

高松市内の通り

国道30号標識国道436号標識

水城通り
国道30号国道436号重複)の愛称
道路の方角 東西
東端 高松市北浜町
宇高国道フェリー乗り場前
西端 高松市寿町一丁目
サンポート高松玉藻交差点
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
国道フェリー乗り場前歩道橋から撮影。写真左が高松城跡(玉藻公園)。正面はJRホテルクレメント高松

愛称の由来は、通りのすぐ南に日本三大水城の一つ高松城(玉藻城)址があることによるもので、制定は1988年1月28日[1]。かつて高松城の北側の城壁瀬戸内海に直接面していたが、明治時代に高松市による高松港の整備事業により埋め立てられ、その後現在の水城通りにあたる道路が建設された。通りの高松港側の沿線には宇高航路のフェリー乗り場などが設置されている。

目次

交差・接続する主な道路編集

沿線・周辺の施設編集

脚注編集

関連項目編集