水塚(みづか、みずつか、みつか)[1]とは洪水の際に避難する水防施設である。 母屋よりも数十センチないし3メートル[2]ほど高く盛土を施した上に設けられたなどの建物、あるいはその盛土を言う。洪水時にその建物に避難し、しばらく生活が出来るようになっている このような構造物のうち、主に荒川流域 [3][4]利根川流域 [5][2] のものがこの名称で呼ばれる。

建物内部編集

他の名称と分布編集

同様の建築物は他の地域にもあり、以下のような名称である[安藤1975、p207]。

  • 木曽三川流域-西濃輪中(水屋
  • 淀川中流部-段蔵(ないしは段倉)
  • 信濃川中流-水倉

その他の特徴編集

一部地域では母屋から仏壇などを滑車を使って引き上げる工夫が施されている。

水塚展示施設編集

千葉県立関宿城博物館 第一展示室に常設[6]

埼玉県立川の博物館 本館第1展示室に常設[7]


脚注編集

  1. ^ 表記および読み方は小学館国語大辞典第2版および世界大百科事典(平凡社)による。
  2. ^ a b 板倉町公式ウェブサイト
  3. ^ 朝霞市公式ウェブサイト 水害に備えた水塚を残す農家。
  4. ^ 志木市公式ウェブサイト 志木市歴史まっぷ宗岡編から pdf
  5. ^ 国土交通省関東地方整備局利根川上流河川事務所のウェブサイト。
  6. ^ 千葉県立関宿城博物館
  7. ^ 埼玉県立川の博物館

参考文献編集

  • 安藤萬壽男(編著)1975年『輪中--その展開と構造--』古今書院。
  • 埼玉県志木市教育委員会著1988年『水害と志木』

関連項目編集