水島協同病院

日本の岡山県倉敷市にある病院

水島協同病院(みずしまきょうどうびょういん)は、倉敷医療生活協同組合岡山県倉敷市に設置する病院(救急告示病院[1])。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 水島協同病院
情報
正式名称 総合病院水島協同病院
英語名称 Mizushima Kyodo Hospital
前身 水島診療所(1953~56)
水島協同組合病院(1956~1963)
協同病院(1963~1977)
標榜診療科 内科,神経内科,呼吸器科(呼吸器内科),消化器科(消化器内科、胃腸内科),循環器科(循環器内科),腎臓内科,糖尿病内科(代謝内科),外科,整形外科,脳神経外科,乳腺外科,精神科,小児科,皮膚科,泌尿器科,産婦人科,眼科,耳鼻咽喉科,リウマチ科,リハビリテーション科,放射線科,麻酔科,救急科
許可病床数

282床


一般病床:282床
機能評価 一般病院2(200~499床)(主たる機能):3rdG:Ver.1.1
開設者 倉敷医療生活協同組合
管理者 里見和彦(院長)
開設年月日 1953年
所在地
712-8567
岡山県倉敷市水島南春日町1-1
二次医療圏 県南西部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

概要編集

正式名称は、「総合病院水島協同病院」。公益財団法人日本医療機能評価機構認定病院であり、病院評価結果(4回目)は3rdG:Ver.1.1(2016年12月2日認定,2021年9月16日まで有効[2])。NPO法人卒後臨床研修評価機構 認定証発行病院[3]全日本民主医療機関連合会(民医連)に加盟している[4]

沿革編集

(この節の出典[5])

  • 1953年8月:水島医療生活協同組合創立(組合員302名)
  • 1953年10月:水島診療所開設(職員3名)
  • 1956年4月:水島協同組合病院開設(25床)、水島診療所廃止
  • 1958年6月:水島協同組合病院増築工事完成(55床)
  • 1963年4月:協同病院に名称変更、第1期工事完成(170床)
  • 1966年8月:協同病院、第2期工事完成(258床)
  • 1974年1月:人工透析開始
  • 1977年1月:水島協同病院に名称変更
  • 1977年11月:「倉敷市医療生活協同組合」に名称変更
  • 1982年10月:CT導入
  • 1985年4月:内科教育関連病院
  • 1985年11月:新築移転「総合病院水島協同病院」(320床)
  • 1986年5月:「倉敷医療生活協同組合」に名称変更
  • 1987年4月:倉敷市入院助産施設となる
  • 1987年10月:ICU施設開設(1991年閉鎖)
  • 1989年10月:シネアンギオ導入
  • 1993年3月:特Ⅲ看護基準取得
  • 1996年5月:MRI導入
  • 1997年12月:外来オーダリング開始
  • 1999年4月:厚生省臨床研修指定病院
  • 2001年1月:マルチヘリカルCT設置
  • 2002年10月:体外衝動破砕装置導入
  • 2003年5月:入院電子カルテ導入
  • 2003年9月:倉敷医療生活協同組合全事業所で「ISO9001:2000」取得
  • 2003年11月:2対1看護基準取得
  • 2004年10月:みずしま診療所開設・外来機能分離、医薬分業開始、外来電子カルテ導入
  • 2005年11月:総合病院水島協同病院増改築工事完成、282床に減床(個室74室)透析34床
  • 2005年12月:マンモグラフィ検診施設画像認定
  • 2006年10月:さくらんぼ助産院開設
  • 2007年7月:一般病棟7対1入院基本料
  • 2008年7月:DPC対象病院
  • 2009年1月:MRI更新(1.5テスラ)
  • 2009年4月:画像システム(PACS)導入
  • 2010年3月:透析室拡張(55床:一般48、外来個室1、透析可能病床6)
  • 2010年7月:透析中央監視・透析液清浄化システム導入
  • 2010年9月:内視鏡ファイリングシステム導入
  • 2011年3月:透析室拡張(67床:一般60、外来個室1、透析可能病床6)
  • 2013年10月:水島協同病院・みずしま診療所統合(みずしま診療所廃止)
  • 2013年12月:卒後臨床研修評価機構(JCEP)認定病院
  • 2014年7月:透析可能病床増床(12床)
  • 2014年10月:非常用電源高架・多系統化・連動化
  • 2015年5月:シネアンギオ装置更新
  • 2016年3月:体外衝撃波結石破砕装置更新
  • 2016年11月:地域連携・患者サポートセンター開設
  • 2017年7月:核医学検査装置(RI)更新
  • 2019年2月:新版電子カルテ導入
  • 2019年4月:無料低額診療開始

診療科編集

(この節の出典[6])

  • 内科
  • 神経内科
  • 呼吸器科(呼吸器内科)
  • 消化器科(消化器内科、胃腸内科)
  • 循環器科(循環器内科)
  • 腎臓内科
  • 糖尿病内科(代謝内科)
  • 外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 乳腺外科
  • 精神科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • リウマチ科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 救急科


医療機関の認定編集

(この節の出典[6])

差額ベッド代について編集

病院の理念により、差額ベッド料(個室料)を徴収していない[7]

関連施設編集

交通アクセス編集

水島協同病院前行き、倉敷芸術科学大学行きの、いずれかに乗車「水島共同病院前」停下車で正面

周辺編集

脚注編集

出典編集

  1. ^ 救急告示病院”. 岡山県病院協会. 2020年5月9日閲覧。
  2. ^ 病院評価結果の情報提供”. (公財)日本医療機能評価機構. 2020年5月9日閲覧。
  3. ^ NPO法人卒後臨床研修評価機構 認定証発行病院一覧”. NPO法人卒後臨床研修評価機構. 2020年5月9日閲覧。
  4. ^ 全日本民医連事業所一覧:岡山県”. 全日本民主医療機関連合会. 2020年5月9日閲覧。
  5. ^ 水島協同病院・さくらんぼ助産院のあゆみ”. 水島協同病院. 2020年5月9日閲覧。
  6. ^ a b 岡山県救急医療情報システム”. 岡山県. 2020年5月9日閲覧。
  7. ^ 入院の案内”. 水島協同病院. 2020年5月9日閲覧。

外部リンク編集