メインメニューを開く

水島 敏(みずしま びん、旧芸名:水島 敏照、本名:水島 敏雄(みずしま としお)、1951年4月30日 - )は愛媛県出身の日本の漫談家、コメディアン、俳優ボーイズバラエティ協会所属。

来歴編集

師匠はレオナルド熊。ストリップ劇場の渋谷道頓堀劇場出身。田端を根城にする熊や、ポール牧の下に自然発生的に集まった『田端グループ』(レオナルド熊マギー司郎城後光義たんごしんはらみつお高峰東天・愛天ブッチー武者青木イサム石倉三郎コント赤信号コント山口君と竹田君コントD51ら)の一員。

1974年、兄弟弟子の城後、市井信彦(ジミー。鳳らん太の実弟)と「コント・スリーピース」を結成。『大正テレビ寄席』(NETテレビ)に出演したところを日本テレビプロデューサーの井原高忠に認められ、日劇ミュージックホール赤坂コルドンブルーに招聘される。このほか『やじうま寄席』(日本テレビ)でもレギュラーを持っていた。
当時の当たりネタはのちに城後が引き継ぐ「もー、イヤッ!!」だが、ポーズはゆうとぴあのとは異なり左右に跳ねて倒れるといったものだった。城後がゴムを用いたネタを使用すると市井と共に反発し、城後を退ける形でトリオ解消。市井と「コント・ニューヨーカー」を結成するも解散。

1979年轟二郎と「コント百連発」を結成。『ドバドバ大爆弾』(東京12チャンネル)のアシスタントを務め、『お笑いスター誕生』にも挑戦。6週連続を勝ち抜き、銀賞を受賞するもコンビを解散。

1981年、ブッチー武者とコンビを組み直し「アッパー8」を結成。再度『お笑いスター誕生』に挑むも、6週連続勝ち抜きに終わる。ゴールデンルーキー賞も受賞。『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)では「ひょうきん懺悔室」の出張版で、ブッチー扮する懺悔の神様とともに神父役で出演した。

ブッチーとのコンビも解消し、元ゆーとぴあのホープ劇団や、城後とコンビを再結成し「コントSOS」でストリップ劇場を中心に活動していたが、日本貴峰道協会の貴田晞照に出逢い入門。吉野大峰山修験道の修行を行い、2003年小先達を頂く。水島敏照に改名して、神主漫談を開始。浅草東洋館を中心に漫談活動を行う。のち、水島敏に再改名して現在に至る。

外部リンク編集