メインメニューを開く

水戸啓明高等学校(みとけいめいこうとうがっこう)は、茨城県水戸市千波町にある私立高等学校。水戸短期大学(2012年に閉校)の附属校であり、近隣の私立水戸英宏中学校(学校法人緑丘学園)と連携型中高一貫教育をおこなっている[1][2]。通称「啓明(けいめい)」。2012年春に水戸短期大学附属高等学校から名称変更した。

水戸啓明高等学校
Mito Keimei High School.JPG
過去の名称 水戸第一商業高等学校
水戸短期大学附属高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人田中学園
理念 人間、自然、平和な日本を愛し、
たくましい精神力を持って
誠実に社会に貢献できる、
知、徳、体の調和のとれた
心豊かな人材を育成する。
校訓 誠実・勤勉・協和・努力
設立年月日 1959年2月24日
創立者 田中重信
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 連携型(水戸英宏中学校との間)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
商業科
学期 2学期制
高校コード 08507D
所在地 310-0851
茨城県水戸市千波町464-10

北緯36度21分49.8秒 東経140度27分6.6秒 / 北緯36.363833度 東経140.451833度 / 36.363833; 140.451833座標: 北緯36度21分49.8秒 東経140度27分6.6秒 / 北緯36.363833度 東経140.451833度 / 36.363833; 140.451833
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

全てのコースにおいて、課題探求型学習を取り入れており、難関国公立大学への入学から就職まで、幅広くサポートしている。

部活動の面では、柔道部、アイスホッケー部、男子バレーボール部をはじめとする多くの部活で全国大会への常連校、または県内の強豪校となっている。サッカー部、野球部、アイスホッケー部にはそれぞれ部の管理する寮が存在する。

設置学科編集

  • 普通科
    • サイエンスフロンティアコース(選抜特進理科)
    • グローバルフロンティアコース(選抜特進文科)
    • 特進文理選抜コース
    • 特進文理コース
  • 商業科
    • 人間経済コース

事故・訴訟編集

2009年8月、同校剣道部合宿中2日目、1年生男子部員が朝6時からの練習中に体調不良を訴えるも、午後からの練習に参加。掛かり稽古の最中幾度も転倒する度、部員らの暴行によって立たされ稽古を続行、練習終了後に意識不明に陥り口から泡を吹いて意識混濁になっている生徒に上級生が気づき顧問に伝えるもそのまま放任、息子の様子を見に来ていた母親が応急処置を行い緊急要請。12時間後、搬送先の病院にて熱中症が原因による死亡。

2012年、水戸地方裁判所にて死亡部員生徒の両親が同高運営の学校法人田中学園と教諭を相手取り、計約9200万円の損害賠償を求める訴訟[3]。茨城県水戸警察署は教諭を業務上過失致死で書類送検、同地検により不起訴処分。
2016年3月、水戸地裁で遺族と学校の和解が成立[4]

主な卒業生編集

系列校編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成25年度水戸啓明高等学校募集要項の「募集コース」の備考に「※中高一貫連携校からの進学者を含む(水戸英宏中学校)」と記載されている。
  2. ^ 私学振興業務-本県の私立学校の特色(茨城県総務部総務課私学振興室)のうち「○中高一貫教育」には「●連携型中高一貫校 水戸英宏中・水戸啓明高・水戸葵陵高」と表示されている。
  3. ^ 水戸翔合同法律事務所
  4. ^ http://mainichi.jp/articles/20160402/ddl/k08/040/080000c 水戸短大付高の熱中症死亡損賠訴訟 遺族と学校が和解]毎日新聞2016年4月2日 地方版

関連項目編集

外部リンク編集