水戸部 正男(みとべ まさお、1912年1月6日 - 1996年10月27日)は、日本史学者。専門は日本の法制史。第6代横浜国立大学学長。

長野県小布施村生まれ。東京高等師範学校を経て、1935年東京文理科大学国史学科卒業。1935年奈良師範学校、1942年神奈川師範学校教授を経て応召、1947年復員。1949年横浜国立大学助教授。1962年教授、1967年教育学部長、1973年学長を歴任。

法学博士(1960年、慶應義塾大学)。法制史学会会員。1982年勲二等瑞宝章受勲。

著書編集

  • 『公家新制の研究』創文社、1961
  • 『日本史概説史料』明玄書房、1964
  • 『日本史上の天皇』福村出版、1967
  • 『後醍醐天皇』秋田書店、1974
  • 『ラバウル戦友記―南海派遣第十四野戦郵便隊の記録』 にしき会、1976
  • 『図説 歴代天皇紀』(肥後和男、福地重孝、赤木志津子と共著)秋田書店、1989

参考文献編集