水曜だけど土曜の番組

水曜だけど土曜の番組』(すいようだけどどようのばんぐみ)は、熊本放送(RKKテレビ)で放送されているテレビ番組(ローカルバラエティ)である。開始時の番組名は「土曜の番組」(どようのばんぐみ)で、2017年4月1日から2021年9月18日までその名の通り毎週土曜日に放送していた。

土曜の番組

水曜だけど土曜の番組
ジャンル バラエティ番組
司会者 まさやん
出演者 草野遥
水上清乃
ほか
ナレーター 渡辺大輔
アナウンサー 糸永有希
オープニング 一十三十一「DIVE」
EPODOWN TOWN」(一部回のみ)
国・地域 日本の旗 日本熊本県
言語 日本語
製作
プロデューサー 鵜川健
製作 熊本放送
放送
放送局熊本放送
映像形式16:9
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本・熊本県
放送期間2017年4月1日 - 放送中
公式サイト
土曜の番組
(本放送第1期・第2期)
放送期間2017年4月1日 - 2020年4月20日(第1期[注釈 1]
2020年5月30日 - 2021年9月18日(第2期)
放送時間土曜日12:10 - 13:00
放送分50分
水曜だけど土曜の番組
(本放送第3期)
放送期間2021年9月29日 -
放送時間水曜日20:55 - 21:57
放送分62分
傑作選(土曜昼)
放送期間2021年10月2日 -
放送時間土曜日12:10 - 13:05
放送分55分
再放送(土曜深夜[注釈 2]
放送期間2018年7月7日[Twitter 1] -
放送時間日曜日(土曜深夜)1:28 - 2:23
放送分55分
テンプレートを表示

概要編集

2017年4月1日放送開始。

気になる話題や人・疑問を追いかけ、知られざるディープな話題を中心に紹介する。

普段は収録放送(一部回は生放送)で、スタジオパートは熊本放送本社某所の和室にて収録されていたが[注釈 3]、2020年6月以降はCOVID-19の大流行の影響から、スタッフの密集[注釈 4]を避けるため、生放送用兼展示用のセット(Yスタジオの旧「RKK NEWS JUST.」の区画に設置[注釈 5])での収録となるが、「水曜だけど土曜の番組」への移行に伴い、Yスタジオの一角にある通常のスタジオセットに変更された。

2021年9月29日から水曜 20:55 - 21:57枠に移行、タイトルも「水曜だけど土曜の番組」に変更。これにより、RKKでは「週刊山崎くん」と合わせて、水曜日のゴールデンタイムに自社制作のレギュラーバラエティ番組が2本編成されることとなる[注釈 6]。また、従前の土曜昼枠では傑作選「土曜の番組アンコール」として引き続きタイトルが残り、同日深夜の再放送も継続される。

出演者編集

司会編集

企画によってはリポーターを務めることもある。

リポーター等編集

リポーター編集

  • 草野遥 - 2018年度の一時期[注釈 7]と2020年度の後半[注釈 8]を除き、ほぼ毎週出演[注釈 9]
  • 水上清乃 - 2019年6月から
  • かめきち - 2021年3月13日放送分で草野のピンチヒッター名目で登場したが、企画が好評であった為か同年5月1日放送分で同じ企画が行われ再登場した。
  • 山内要 - 2020年10月17日放送分。草野のピンチヒッター名目での登場であった。
  • 鵜川健 - プロデューサーで「スタッフ1号」名義。リポーターとしても「あんぐら物件探訪」等を担当。稀にスタジオパートで声のみ登場することがある。
  • 渡辺大輔 - 本来はナレーターだが、生放送時に中継リポーターを担当したことがある。

その他編集

  • 「スタッフ2号」- 女性[注釈 10]
  • 「スタッフ4号」- 男性
  • 「スタッフ7号」- 男性[注釈 11]
  • 「スタッフ8号」- 女性[注釈 12]
  • 「スタッフ9号」- 男性[注釈 11]
  • 「スタッフ11号」- 女性[4]、熊本放送社員。2021年度の1年間[注釈 13]人事異動記者として報道部に所属していた為[5]制作から外れていたが、記者としての取材先でも「11号(さん)」と声をかけられることがしばしばあったという[注釈 14]
  • 「スタッフ研修生」- 女性。2021年度から登場。
  • 福島絵美(RKKアナウンサー〈出演当時〉)- 糸永の元上司(元アナウンス部長)。稀に一部の企画でナレーションを担当するなど度々出演していた[注釈 15]
  • 本田史郎(RKKアナウンサー〈出演当時〉)- 糸永の元上司(糸永入社時のアナウンス部長)。一度出演した際に周囲からたいへん好評だったらしく、その後に出演した際[注釈 16]も非常に上機嫌であった。
  • 後生川凜(RKKアナウンサー)- 熊高王(くまたかおう、後述)のホスト兼解答者として出演。
  • 米満薫(RKKアナウンサー)- 入社直後に「熊本弁修行」の名目で、常連出演者達の元を訪問した様子が放映された。
  • きくちくん - 2021年現在も度々出演している。

企画編集

ここでは基本的に複数回放送されている企画を取り上げる。

エピソード・逸話編集

スタッフ編集

この番組では、プロデューサーの鵜川をはじめとする、主に取材に出るスタッフには番号が付けられている(鵜川=スタッフ1号)。番号が判明している人物については括弧書きで番号を表記する。

  • ナレーション:渡辺大輔
  • フロアディレクター:山中聖子・吉野友規
  • 取材: 上村雄介、牛島孝一郎、日高歩美、村上靖裕 等
  • ディレクター:上米良夕子(8号)、西谷英敏(4号)、松田望(11号[5]) 等
  • AUD:風呂本篤/小田侑大
  • MA:風呂本篤/松下星倫
  • プロデューサー:鵜川健(1号)
  • 製作・著作:熊本放送(表記は「RKK」)

放送時間編集

(以下JST

  • 水曜だけど土曜の番組(本放送)
  • 土曜の番組アンコール(傑作選)
    • 土曜 12:10 - 13:05
  • 土曜の番組アンコール(傑作選)・再放送
    • 日曜(土曜深夜) 1:28 - 2:23(編成上の都合により無い場合もある)

動画配信編集

  • 下記の動画配信サイトで最新回を放送翌日の日曜12:00から期間限定で配信

関連項目編集

  • 糸永 大輔ラジオやってます
    • 同じく土曜日に放送される同局のラジオ番組で、当番組MCの糸永とナレーターの渡辺が共演している。2020年10月開始。
  • いい曲プレゼンターズ
    • 同局のラジオ番組で、ナレーターの渡辺がパーソナリティとして出演している。こちらは出演者に「プレゼンター〇号」の番号がつく。2018年4月開始。
  • THE TIME,
    • 同局でも放送されているTBSテレビ制作の平日朝の情報ワイド番組で、全国各地からの中継コーナー「列島リアルタイム中継」に当番組MCの糸永が熊本県内からの中継がある時にリポーターとして出演している。2021年10月開始。
  • 夕方LIVE ゲツキン!
    • 同局平日18時台に生放送するローカルワイドニュース番組(※まさやんは月曜から水曜メインMCで出演)。当番組ロケが同番組に絡むこともある。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ COVID-19の大流行でロケが困難になり、いったん休止
  2. ^ 本放送が土曜だった時代にはその前日、本放送が水曜に移行したのちは傑作選で放送された内容の再放送。
  3. ^ しかし、2020年3月以降6月上旬の放送分までCOVID-19の大流行の影響で会議室(「仮設スタジオ」と称する)での収録となる。
  4. ^ 公式Facebookには、非常に密集した状態で収録を行っていたことが窺える写真が掲載されている(COVID-19が表面化する以前の2019年夏ごろ撮影、「土曜の感謝祭」でパネル展示されたもの[公式Facebook 1]
  5. ^ 糸永のブログ記事[1]に画像あり。
  6. ^ 2022年5月現在、JNN系列局において水曜ゴールデンのローカルセールス枠を自社制作番組にレギュラーで2番組充てている局は当局とRSK山陽放送のみ。
  7. ^ 宝くじ「幸運の女神」[2]として活動していた為
  8. ^ 2020年8月15日[3]から2021年4月17日にかけて産休。
  9. ^ テレビでは初のレギュラー番組。プロデューサーの鵜川曰く『スケジュールがガラ空きだったから』レギュラーリポーターとして抜擢したとのこと(鵜川のTweet[Twitter 2]より)
  10. ^ 稀にナレーションを担当することもある。
  11. ^ a b ディレクター。「テレワークで○○に伝えたい」等ではリポーターも担当。制作会社所属。
  12. ^ フリーランスのディレクター。
  13. ^ 2020年以前、「草野遥のどきどきサタデー」等の草野メインの企画は、基本的に「11号」の担当であった。
  14. ^ 当時同じく報道部に所属していた福居万里子のInstagramより[5]
  15. ^ 余談だが、とある企画で2000年頃の「RKKニュースキャッチャー」(『JNNニュースの森』の熊本ローカルパート)の取材映像を使用した際、(ノンクレジットだったが)当時のリポーターとしてライブラリ出演したこともある。
  16. ^ 4回目に出演した回は、2022年4月17日に65歳を迎え定年となり退職した直後の放送となった(同年4月20日放送)。
  17. ^ タイトルのテロップは同局でもネットしている「日立 世界・ふしぎ発見!」のパロディになっていた[公式Facebook 2]
  18. ^ まさやんの本名が田中将史であり、田中姓のスタッフ「8号」(彼女は婚姻により田中姓となったが、旧姓で活動しており、スタッフロールにその名が出ることはない)がいる[6]ことにちなんだ企画で、半期に一度行なわれていた[公式Facebook 4]。この企画にはHKT48のメンバー・田中美久が登場したこともあり[公式Facebook 5]、彼女が2021年に写真集を出した際には、直後の同企画でまさやんと洋平が移動中にその写真集を見るという形で登場したこともある。
  19. ^ Zoomを活用した企画。○○には出演者の名前(まさやん草野 等)が入る。
  20. ^ 今夜は本当に飲めNIGHT」「街中華ではしご酒」等。基本的には日本テレビ系「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」の企画「朝までハシゴの旅」等を意識した企画であった[独自研究?]
  21. ^ 同局でもネットされていた「東大王」のパロディで、本家同様のクイズ番組。まさやんと熊本県立熊本高等学校(通称熊高〈くまたか〉)の卒業生がクイズで対決する[Twitter 3]。尚、その大半は熊本放送の社員であった。
  22. ^ その上で上野は「それが良い所。新しいことをやろうとする意欲が大切」とフォローした上で、「土曜の番組」の話題で意気投合することもある、とも言っていたそう[7]
  23. ^ 当初はその前日の9月22日に開催予定であったが、台風接近の為延期された[公式Facebook 6]
  24. ^ 同時間帯にキー局のTBSテレビと大半の系列局が放送している「ワールド極限ミステリー」が2時間スペシャルを放送する場合はそちらの同時ネットを優先し、当番組は55分繰り上げ、2分縮小の水曜 20:00 - 21:00に放送となる。

出典編集

公式Facebook編集

  1. ^ doyounobangumiの投稿(2378639108879054) - Facebook
  2. ^ doyounobangumiの投稿(2119995524743415) - Facebook
  3. ^ doyounobangumiの投稿(3086566458086312) - Facebook
  4. ^ doyounobangumiの投稿(2286996868043279) - Facebook
  5. ^ doyounobangumiの投稿(2018542494888719) - Facebook
  6. ^ doyounobangumiの投稿(2385956704813961) - Facebook
  7. ^ doyounobangumiの投稿(2683097175099911) - Facebook

ツイート編集

  1. ^ @doyounobangumi (2018年7月3日). "【再放送開始のお知らせ~】" (ツイート). Twitterより2020年8月15日閲覧
  2. ^ @ugawa_ken (2019年10月14日). "草野さんの熊日の記事の件。記者さんから『なぜテレビの経験のない、ミミーを卒業したばかりの彼女をレギュラーリポーターに抜擢されたんですか?』という質問をいただき..." (ツイート). Twitterより2020年8月14日閲覧
  3. ^ @doyounobangumi (2021年5月21日). "5/22(土)の土曜の番組・・" (ツイート). Twitterより2022年5月23日閲覧

その他の出典編集

  1. ^ 糸永有希 (2020年6月16日). “戻ってきました!”. RKKアナウンサールーム. 熊本放送. 2020年8月15日閲覧。
  2. ^ 平成30年度の宝くじ「幸運の女神」が決定”. 宝くじ公式 (2018年4月5日). 2020年8月15日閲覧。
  3. ^ 糸永有希 (2020年8月16日). “みんな大好き草野さん!”. RKKアナウンサールーム. 熊本放送. 2020年8月20日閲覧。
  4. ^ 糸永有希 (2020年4月28日). “今日のアマビエ1”. RKKアナウンサールーム. 熊本放送. 2020年8月20日閲覧。
  5. ^ a b c @marikofukui_rkk (2022年3月31日). "区切りの日🌸3月いっぱいでチームを離れる人たちを労いました。報道部の松田望記者。『土曜の番組』の「スタッフ11号」…". Instagramより2022年5月23日閲覧
  6. ^ 糸永有希 (2020年5月9日). “今日のアマビエ12”. RKKアナウンサールーム. 熊本放送. 2020年8月20日閲覧。
  7. ^ a b c 糸永有希 (2020年5月30日). “今日のアマビエ33”. RKKアナウンサールーム. 熊本放送. 2020年8月15日閲覧。

外部リンク編集


熊本放送(RKKテレビ) 土曜12:10 - 13:00枠
前番組 番組名 次番組
  • 16:00 - 16:55に繰り下げて継続
土曜の番組
(2017年4月1日 - 2020年4月20日)
JIN-仁- (2話連続再放送)
※12:10 - 13:55
熊本放送(RKKテレビ) 土曜12:10 - 13:00枠
JIN-仁-(2話連続再放送)
※12:10 - 13:55
土曜の番組
(2020年5月30日 - 2021年9月18日)

土曜の番組アンコール(傑作選)
(2021年10月2日 - )
-
熊本放送(RKKテレビ) 水曜20:55 - 21:57枠
(ローカル枠)
※20:00 - 21:57
水曜だけど土曜の番組 (本放送)
(2021年9月29日 - )
-
熊本放送(RKKテレビ) 土曜13:00 - 13:05枠
世界!ニッポン行きたい人応援団
(テレビ東京製作)
※13:00 - 13:55
  • 5分繰り下げて継続
土曜の番組アンコール(傑作選)
(2021年10月2日 - )
-