水曜会(すいようかい)は自由民主党の派閥。通称は緒方派石井派

概要編集

自由党緒方竹虎を領袖とする派閥。当初1958年中頃までは水曜クラブと称した。緒方死去後、領袖は石井光次郎が引き継ぎ、旧自由党系の中間派や小グループの結集をも目指した。石井が1956年と1960年に自民党総裁選に立候補をするも敗戦。1960年総裁選党人派連合の代表として戦ったことからも党人派とされることがあるが、石井自身がそうであるように[1]旧内務省系を中心に官僚出身者も多かった。比較的高齢の議員が多かったこともあり選挙の度に勢力を減らし、石井引退後は旧石井派として存続したが、やがて消滅した。

主な議員には加藤鐐五郎青木一男津雲国利山崎巌篠田弘作灘尾弘吉田中栄一羽田武嗣郎田中伊三次長谷川峻中垣國男坂田道太らがいる。そのうち灘尾・田中伊三次・中垣・坂田の4人は石井派時代には石井派四天王と称され、津雲は戦前立憲政友会時代は石井の義父・久原房之助直系の政治家として知られた。また篠田はのちに岸派を経て川島派→椎名派に転じている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 石井は高等文官試験に合格し一旦官僚の道を歩んだ後に朝日新聞社に転じた。

関連項目編集