水沢めぐみ

日本の漫画家

水沢 めぐみ(みずさわ めぐみ、1963年7月3日 - )は、日本漫画家大阪府出身。本名:成瀬(旧姓:加藤)敦子。血液型はA型。主に『りぼん』『Cookie』などの集英社発行の少女漫画誌で活動する。

水沢 めぐみ
本名 成瀬(旧姓:加藤) 敦子
生誕 (1963-07-03) 1963年7月3日(58歳)
日本の旗 大阪府
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1979年 -
ジャンル 少女漫画
恋愛漫画
代表作ポニーテール白書
空色のメロディ
姫ちゃんのリボン』など
受賞 第117回りぼん漫画スクール準りぼん賞(1979年)「心にそっとささやいて」
テンプレートを表示

人物編集

  • 1979年のデビュー以来、30年以上にわたり現役の漫画家として活動を続ける。
  • 夫は映画監督脚本家成瀬活雄
  • 2女の母。趣味は、ギタークラシックバレエなど多数。バレエについては『トウ・シューズ』の「水沢とバレエ」の項目を参照のこと。
  • 『りぼん』における愛称は、めぐタン。デビューして間もない頃は「水沢めぐみタン」「めぐみタン」「めぐみ」などとさまざまに呼ばれているが、『ポニーテール白書』の連載が始まった1985年あたりから「めぐタン」が定着している。『Cookie』に移籍後は通常「水沢めぐみ先生」と呼ばれているが、2011年現在でも『りぼん』に作品を発表する場合には「めぐタン」が用いられている。なお『りぼん』の漫画家に「〜タン」という愛称が用いられた例としては、他に太刀掛秀子の「でこタン」、陸奥A子の「A子タン」、本田恵子の「恵子タン」、おーなり由子の「由子タン」などがある。
  • 本人いわく「体に何かつけるのがダメ」で、ストッキングやコンタクトレンズが苦手(りぼん本誌[要文献特定詳細情報]で発言)。

経歴編集

お茶の水女子大学附属中学校お茶の水女子大学附属高等学校早稲田大学教育学部卒業。中学時代から漫画を描き始め、1979年、高校1年生の時に「心にそっとささやいて」で『りぼん』(集英社)でデビュー(9月大増刊号)。10代後半からプロの漫画家として活動を開始し、合計7作品を高校時代に発表。また高校時代は卓球部に所属。1年の浪人生活を経て、早稲田大学教育学部に入学。在学中は「なべの会」に所属。在学中の1985年夏から1987年春まで『ポニーテール白書』を連載。1987年春に同大学を卒業。2011年現在は中央線の沿線に住んでいる。

代表作に、『ポニーテール白書』、『空色のメロディ』、『チャイム』、『姫ちゃんのリボン』、『トウ・シューズ』などがある。全盛期の『りぼん』を代表する作家の1人であるが、2000年前後に『りぼん』から新設の『Cookie』(集英社)に移籍、それ以降は同誌に主な活動の場を移す。同誌での最初の連載は、2000年11月号から2002年4月号まで続いた「神様のオルゴール」。その後2003年5月号から2010年7月号まで不定期に「キラキラ100%」を連載した。「寺ガール」の終了後は小学館の女性漫画雑誌に作品を連載。現在は学研プラス発行のキラピチに「さくらんぼダイアリー」連載中。

『Cookie』や小学館の女性漫画雑誌に主な活動の場を移した後もたびたび『りぼん』やその派生誌に作品を発表している。たとえば『りぼん』2007年8月号から10月号まで「おさんぽの時間」が連載され、2009年冬休み大増刊号りぼんスペシャルに読み切り「1月のメリーゴーラウンド」、2010年冬の大増刊号りぼんスペシャルに「3月の第2ボタン」がそれぞれ掲載された。

概要・備考編集

作品リスト編集

寺ガールまでのコミックスは「りぼんマスコットコミックス」(集英社)レーベルから(『神様のオルゴール』と『キラキラ100%』は下位レーベル「りぼんマスコットコミックスクッキー」より)、文庫版は全て「集英社文庫(コミック版)」からの発行。

2011年3月現在、『神様のオルゴール』『キラキラ100%』『オレンジ革命』『大好き!』『おさんぽの時間』『3月の第2ボタン』以外のコミックスはすべて絶版となっている。文庫版の内容は基本的には『りぼんマスコットコミックス』と同じだが、描き下ろしのエッセイや解説などが収録されている。

外部リンク編集