水沢町(すいざわちょう)は、三重県四日市市町丁。本項ではかつて同区域に存在した三重郡水沢村(すいざわむら)についても記す。

水沢町
水沢山から見下ろす宮妻峡の宮妻峡ヒュッテ(2013年11月)
水沢山から見下ろす宮妻峡の宮妻峡ヒュッテ(2013年11月)
水沢町の位置(三重県内)
水沢町
水沢町
水沢町の位置
北緯34度59分9.3秒 東経136度28分21.89秒 / 北緯34.985917度 東経136.4727472度 / 34.985917; 136.4727472
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Mie Prefecture.svg 三重県
市町村 Flag of Yokkaichi, Mie.svg 四日市市
地区 水沢地区
面積
 • 合計 17.95859427km2
人口
2019年(令和元年)7月1日現在)[2]
 • 合計 2,825人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
512-1105[3]
市外局番 059(四日市MA[4]
ナンバープレート 三重
水沢町の茶畑

地理編集

四日市市の南西端、内部川の上流左岸にあたる。鈴鹿山脈の麓で伊勢茶の栽培が盛ん、地域内は茶畑が多い。酪農も盛んで、市営のふれあい牧場もある。紅葉の名所として宮妻峡楓渓があり、夏場は鈴鹿山脈の山々への登山口として賑わう。北で桜町、東で小山町・西山町・美沢町・堂ヶ山町、南で水沢野田町および鈴鹿市岸田町・大久保町、西で滋賀県甲賀市土山町大河原に接する。滋賀県との境界に宮越山がそびえる。東端を国道306号が南北に縦断し、中部を三重県道44号宮妻峡線、北端を三重県道752号茶屋町湯の山停車場線が平野部から山間部に向けて横断するほか、本町を起点に三重県道11号四日市関線が鈴鹿市方面に、三重県道632号水沢本町采女線が四日市市南東部に延びている。

山岳編集

  • 水沢山(水沢峠)
  • 宮越山

湖沼編集

  • 千歳池
  • 大谷池
  • 大門池

河川編集

  • 内部川
  • 水沢谷川
  • 川戸川
  • 大谷川

通称町名編集

北谷町、三本松町、水沢谷町、水沢茶屋町、水沢中谷町、水沢野田町、水沢東町、水沢本町、西條町、宮妻町、横堀町、四ツ谷町

歴史編集

すいざわむら
水沢村
廃止日 1957年4月15日
廃止理由 編入合併
四日市市、水沢村保々村四日市市
現在の自治体 四日市市
廃止時点のデータ
  日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
三重郡
面積 17.98km2.
総人口 3,290
国勢調査1955年
隣接自治体 三重県
四日市市
三重郡菰野町
鈴鹿郡三鈴村
滋賀県
甲賀郡土山町
水沢村役場
所在地 三重県三重郡水沢村
 表示 ウィキプロジェクト

世帯数と人口編集

2019年(令和元年)7月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
水沢町 1,064世帯 2,825人

学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番・番地等 小学校 中学校
全域 四日市市立水沢小学校 四日市市立西陵中学校

交通編集

バス編集

道路編集

施設編集

  • 四日市市水沢地区市民センター
  • 四日市市立水沢小学校
  • 四日市市立水沢保育園
  • 四日市水沢郵便局
  • 三重県企業庁水沢浄水場
  • 四日市リバティーゴルフクラブ
  • 宮妻キャンプ場
  • 足見田神社
  • 愛宕神社
  • 多度神社
  • 白山神社
  • 神護山青龍寺
  • 一乗寺
  • 妙照寺

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

その他編集

日本郵便編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 三重県四日市市の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 町別人口・世帯数” (日本語). 四日市市 (2019年7月4日). 2019年9月20日閲覧。
  3. ^ a b 水沢町の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ 小・中学校通学区域一覧”. 四日市市 (2017年4月1日). 2019年9月20日閲覧。
  6. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集

関連項目編集