メインメニューを開く

水沼 四郎(みずぬま しろう、1947年2月27日 - )は、兵庫県尼崎市出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ解説者

水沼 四郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県尼崎市
生年月日 (1947-02-27) 1947年2月27日(72歳)
身長
体重
174 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1968年 ドラフト2位
初出場 1969年4月12日
最終出場 1983年6月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (1983 - 1986)

来歴・人物編集

報徳学園では、同期のエース長坂正稔(中大東芝)を擁し、1964年春の選抜に出場。1回戦は北角富士雄のいた東邦高に9回サヨナラ勝ち。2回戦ではこの大会に優勝した徳島海南高尾崎将司投手に完封を喫した。同年夏の甲子園県予選では、準決勝で育英高鈴木啓示に抑えられ惜敗。他の高校同期に基満男三宅昇、1年下に控え投手の谷村智博がいた。

卒業後は長坂、三宅とともに中央大学へ進学し、東都大学野球リーグでは1967年春季リーグに優勝。同年の全日本大学野球選手権大会ではエース・宮本幸信を擁し、決勝で慶大を破り初優勝。リーグ通算94試合出場、322打数65安打、打率.202、7本塁打、30打点。ベストナイン2回。

1968年ドラフト2位で広島東洋カープに入団。当時の広島の捕手陣は田中尊久保祥次がレギュラーを争っていたが、1971年には正捕手に抜擢された。1971年8月19日対中日戦で藤本和宏とバッテリーを組んでノーヒットノーランを達成した[1]。打力はそれほどではなかったが、捕手としての能力は高く、ノーサインでも獲れるキャッチングの上手さ、冷静かつ大胆なリード、そして捕手としては俊足であるという武器も有り、チームの要に成長。1974年には打力に優る西沢正次にポジションを譲るが、同年末に西沢が太平洋クラブライオンズに移籍し定位置を取り戻す。1975年のリーグ初優勝に貢献、同年の阪急ブレーブスとの日本シリーズでは、シーズン後半に台頭した道原裕幸が主に先発マスクを被るが、全6試合に出場し投手陣を支えた。

その後もレギュラー捕手として活躍し、1979年1980年の連続日本一にも大きく貢献。1979年の近鉄との日本シリーズは全7試合に先発マスクを被り、11月4日の最終第7戦では6回に柳田豊から勝ち越しとなる2点本塁打、結局これが決勝点となる。9回裏のいわゆる「江夏の21球」の際の捕手も水沼であった。翌1980年の近鉄との日本シリーズも全7試合に先発、第3戦では9回に井本隆から決勝適時2塁打を放つ。10年に渡りほとんどのシーズンで広島のレギュラー捕手として活躍した。1981年7月15日、同僚の高木真一が運転する車の助手席に乗っていた際に交通事故に巻き込まれ、頭を30針縫う大ケガを負った。このため定位置を道原に譲るが8月には復帰、しかし同年は達川光男の成長もあり出場機会が大きく減少した。

1983年中日ドラゴンズへコーチ兼任で移籍し、同年引退。その後は中日の二軍バッテリーコーチ(1984年 - 1985年)・一軍バッテリーコーチ(1986年)を経て、監督古葉竹織の招聘で横浜大洋ホエールズのスカウトを務めた。スカウト業の傍らで読売テレビ広島テレビ解説者も兼任。1997年広島市へ戻ると、少年野球の指導に力を入れたほか、東広島市お好み焼き店「しろう」を経営した。14年間営業したが、2007年5月24日脳梗塞で倒れ3ヶ月半入院して一旦閉店し[2]、リハビリを経て回復し、広島市中区で同名の居酒屋を開店した[3]。同店は2015年2月22日より「カープ100円食堂」にリニューアルし、現在は夫人と共に実業家として活動している[4][5]

孫の山本彩加は、NTT西日本広島所属のソフトテニス選手として活躍している[6]

選手としての特徴編集

正捕手だったこともあり、捕手としての守備力は高く評価されていた。のちの正捕手のひとりとなり、カープ入りを熱望していた達川光男も「高校の時点でスカウトがきたけど、水沼さんがいるのだから出場機会がないのは大いに予想できた。自分だって早くプロになりたかったけど、水沼さんに負けるのがわかったから、大学へ行って実力をつけてから指名を待とうと考えた」と語っている[7]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1969 広島 49 43 42 3 5 1 0 1 9 1 1 0 0 0 0 0 1 10 0 .119 .140 .214 .354
1970 78 148 131 7 27 1 0 2 34 6 2 4 3 0 12 4 2 31 2 .206 .283 .260 .542
1971 95 219 191 14 34 0 0 3 43 18 7 1 7 2 17 3 2 31 1 .178 .250 .225 .475
1972 59 169 152 11 30 4 1 0 36 10 2 2 4 2 10 1 1 27 5 .197 .248 .237 .485
1973 107 273 241 13 46 7 2 0 57 15 6 6 6 0 26 5 0 50 2 .191 .270 .237 .506
1974 69 170 159 12 37 4 0 1 44 11 3 1 0 1 9 3 1 25 3 .233 .276 .277 .553
1975 116 283 255 22 53 7 2 1 67 19 11 4 6 0 20 7 2 31 6 .208 .271 .263 .534
1976 124 368 328 36 82 16 1 11 133 46 6 3 5 5 28 4 2 39 8 .250 .309 .405 .714
1977 118 381 334 39 84 16 2 5 119 32 7 1 6 0 36 3 5 48 8 .251 .333 .356 .690
1978 127 445 388 51 105 19 3 7 151 46 3 7 9 3 44 7 1 47 12 .271 .344 .389 .733
1979 100 281 235 30 65 10 2 4 91 24 5 1 6 1 36 4 3 39 9 .277 .378 .387 .765
1980 117 338 293 25 64 6 2 5 89 21 7 0 16 1 26 5 2 57 2 .218 .286 .304 .589
1981 77 192 167 16 43 3 1 0 48 12 3 4 5 3 16 3 1 28 5 .257 .321 .287 .608
1982 74 120 110 10 21 4 1 1 30 7 1 0 1 0 9 2 0 15 1 .191 .252 .273 .525
1983 中日 23 50 38 3 10 3 0 0 13 5 0 0 3 1 8 1 0 6 2 .263 .383 .342 .725
通算:15年 1333 3480 3064 292 706 101 17 41 964 273 64 34 77 19 297 52 23 484 66 .230 .301 .315 .616

年度別守備成績編集


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1969 31 10 9 1 .100
1970 72 39 20 19 .487
1971 92 367 28 2 1 1 .995 60 43 17 .283
1972 59 48 27 21 .438
1973 104 485 52 1 5 4 .998 81 46 35 .432
1974 61 58 29 29 .500
1975 113 484 40 8 6 2 .985 70 46 24 .343
1976 123 670 45 5 6 3 .993 90 60 30 .333
1977 115 596 49 6 9 2 .991 92 65 27 .293
1978 127 694 51 5 9 5 .993 79 42 37 .468
1979 97 501 35 3 4 0 .994 47 28 19 .404
1980 115 498 48 4 6 1 .993 75 55 20 .267
1981 72 293 26 1 5 1 .997 48 34 14 .292
1982 62 25 18 7 .280
1983 17 18 16 2 .111
通算 1260 5799 496 40 66 28 .994 840 538 302 .360

記録編集

  • 初出場:1969年4月12日、対中日ドラゴンズ1回戦(広島市民球場)、10回裏に藤井弘の代走として出場
  • 初先発出場:1969年5月7日、対阪神タイガース4回戦(阪神甲子園球場)、8番・捕手として先発出場
  • 初本塁打・初打点:1969年6月14日、対阪神タイガース9回戦(阪神甲子園球場)、5回表に鈴木皖武からソロ
  • 1000試合出場:1979年7月13日、対阪神タイガース11回戦(阪神甲子園球場)、8番・捕手として先発出場 ※史上210人目

背番号編集

  • 39(1969年 - 1973年)
  • 22(1974年 - 1982年)
  • 66(1983年)
  • 86(1984年 - 1986年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集