メインメニューを開く

水稲農林1号(すいとうのうりん1ごう)は、日本のイネ品種。イネ品種としては初めて農林登録された[1]。後にコシヒカリなどの品種の交配親に用いられ[2]、多数のイネ品種の祖先となっている。

目次

概要編集

1931年昭和6年)、新潟県農事試験場並河成資鉢蝋清香により育成された。寒冷地用水稲であり、極早生種で食味もよく多収量品種であった[3]。耐冷性を持つことで1934年(昭和9年)の東北地方冷害での被害が少なかったほか、多収性を持つことで第二次世界大戦中・戦後の食糧生産に貢献した。このことにより、多くの人を飢餓栄養失調から救ったとされる[4]

脚注編集

  1. ^ イネが他の穀物より重視される日本では誤解されがちだが、農林登録はこの品種が初めてではない。コムギの登録が先行しており、小麦農林1号1929年(昭和4年)に登録されたのが端緒である。
  2. ^ イネ品種・特性データベース - 「農林1号」を親にした品種一覧
  3. ^ イネ品種・特性データベース - 来歴・形態的特性・生態的特性・品質及び食味特性
  4. ^ 社団法人農林水産・食品産業技術振興協会 - 続・日本の「農」を拓いた先人たち-戦後飢餓を救った「水稲農林1号」-並河成資、死後の栄光-

関連項目編集

外部リンク編集