メインメニューを開く

水色の時』(みずいろのとき)は、1975年昭和50年)4月7日から10月4日まで放送されたNHK連続テレビ小説第15作。

水色の時
Mizuiro-no-toki dosojin1920.jpg
「水色の時」道祖神
(本作のために製作された道祖神が安曇野市に保存されている)
ジャンル テレビドラマ
脚本 石森史郎
出演者 大竹しのぶ
篠田三郎
香川京子
米倉斉加年
ナレーター 岸田今日子
時代設定 昭和49年〜現代
制作 NHK
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1975年4月7日 - 10月4日
放送時間 月曜 - 土曜8:15 - 8:30
放送枠 連続テレビ小説
放送分 15分
回数 156[1][2]
テンプレートを表示

特徴編集

長野県松本市安曇野を舞台に、医大生を目指すヒロインと看護婦の母という親子の交流を通して家族のあり方を見つめる作品。

本番組より歴代の連続テレビ小説の放送期間が半年体制となっている[3]

昭和天皇がこの作品をたいへん気に入り、1975年アメリカ合衆国訪問の際には留守を預かる侍従に「私のいない間、『水色の時』を録画しておいてください」と命じたというエピソードがある。

脚本の石森史郎によると、ヒロインオーディションの最終選考に残ったのは15人で、NHKサイドはある一人をほぼ決めかけていたが、石森が作風に合うと感じた大竹しのぶを強く推して覆ったという[4]

1975年の平均視聴率は40.1%、最高視聴率は46.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[5]

映像の現存状況編集

放送当時は普及型家庭用ビデオテープレコーダが発売される前で、オープンリール型ビデオは100万円前後と高価であったため、一般家庭にはほとんど普及しておらず(企業などが業務用に購入していた)、NHKに現存しているのは第1回と最終回、家庭用VTRで録画された第61回・第64回・第65回・第78回・第86回・第98回・第103回・第118回・第123回のみである。

キャスト編集

スタッフ編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 2015年春の特集 こんな番組探しています! - NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト
  2. ^ NHK 発掘対象番組リスト
  3. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'76』 日本放送出版協会、1976年、123頁。 
  4. ^ 週刊ポスト 2018年8月24日号 p.140 「最高の朝ドラヒロインを決めよう-ベスト30女優を大発表!」
  5. ^ ビデオリサーチ NHK朝の連続テレビ小説 過去の視聴率データ

外部リンク編集