メインメニューを開く

水谷 元(みずたに げん、1956年(昭和31年)3月19日 - 2018年(平成30年)3月19日[1][2])は、日本政治家。元三重県議会議員、元桑名市長桑名市出身。三重県立桑名高等学校成蹊大学法学部政治学科卒。1996年(平成8年)から2012年(平成24年)まで桑名市長を17年間務めた。

水谷 元
みずたに げん
生年月日 (1956-03-19) 1956年3月19日
出生地 三重県桑名市
没年月日 (2018-03-19) 2018年3月19日(62歳没)
死没地 愛知県名古屋市中村区
出身校 成蹊大学法学部
所属政党 無所属
称号 旭日中綬章
親族 父・水谷力(参議院議員)
テンプレートを表示

目次

略歴編集

  • 1979年(昭和54年) 成蹊大学卒業後に百五銀行へ入行する。
  • 1983年(昭和58年) 父で参議院議員水谷力(みずたにつとむ)の公設第一秘書となる。
  • 1988年(昭和63年) 三重県議会議員選挙に立候補し、当選。以後三重県議を3期務める。
  • 1996年(平成8年) 桑名市長選挙に立候補し、当選。桑名市長を3期務める。桑名広域清掃事業組合管理者に就任する。
  • 1998年(平成10年) 三重県市長会会長に就任する。東海市長会副会長に就任する。全国市長会の理事となる。
  • 1999年(平成11年) 桑名・員弁広域連合会長となる。
  • 2002年(平成14年) 全国市長会の評議員となる。
  • 2004年(平成16年) 初代の新桑名市長に就任する(2期)。三重県市長会の会長。全国防災協会の副会長となる。
  • 2005年(平成17年) 全国青年市長会の副会長に就任する。全国市長会の評議員となる。東海市長会の理事となる。
  • 2007年(平成19年) RDF運営協議会の会長となる。
  • 2011年(平成23年) 桑名市職員が汚職で三重県警察に逮捕され、桑名市議会で責任を問われる。桑名市の市民団体から、市長のリコール運動を呼びかけられるが、署名数不足でリコールが成立しなかった。また、12月26日に、市長の給料の半減を認める条例案が市議会で可決される。
  • 2012年(平成24年)12月2日 桑名市長選挙で新人伊藤徳宇(36歳)に大敗し落選する。
  • 2017年(平成29年) 三重県農業共済組合組合長理事に就任する。
  • 2018年(平成30年)3月19日 肝不全のため、愛知県名古屋市中村区の増子記念病院で死去。62歳没。叙従四位旭日中綬章追贈[3]

首長としての評価 編集

脚注編集

  1. ^ “水谷元氏が死去 前桑名市長、通算17年間 三重”. 伊勢新聞社. (2018年3月20日). http://www.isenp.co.jp/2018/03/20/15627/ 2018年3月20日閲覧。 
  2. ^ “訃報 水谷元さん 62歳=前桑名市長/三重”. 毎日新聞社. (2018年3月20日). https://mainichi.jp/articles/20180320/ddl/k24/060/150000c 2018年3月20日閲覧。 
  3. ^ 「叙位叙勲」『読売新聞』2018年4月18日朝刊

外部リンク編集