メインメニューを開く

略歴編集

作曲家水谷川忠俊の次女として東京都に生まれる。指揮者で日本の交響楽団の祖であった祖父・近衛秀麿の遺志により6歳からチェロを始める[1]。19歳でアレクサンダー・シュナイダーによりニューヨーク・ストリング・セミナーに招聘され、カーネギー・ホール、ワシントンセンターなどで演奏[1]。過去にザルツブルク室内楽弦楽団、ザルツブルク・ゾリスデン首席奏者を務めた。独奏及び室内楽でヨーロッパ各地の音楽祭へ出演する傍ら、日本国内でも2003年より本格的に公演活動を開始。カザルスホール王子ホールサントリーホール紀尾井ホールなどでのリサイタルや欧州からの共演者と室内楽公演を行なっている。少年院、障害者福祉施設、ホスピスなどでの演奏会における福祉活動が評価され、2002年より財団法人倶進会からの助成を受けている。現在は日本と欧州に拠点を持つ。

2005年2月にファーストCD『歌の調べのように』、そして2006年8月には『ソルヴェイグの祈り』(いずれもビクターエンタテインメント)をリリース。『歌の調べのように』は『レコード芸術』誌上で準推薦盤、『ソルヴェイグの祈り』は同誌で準特選盤の評価を得た。

姉はヴァイオリニスト水谷川陽子。 夫はフィンランド人でヴァイオリニストのマーク・ゴトーニ。

学歴編集

師事編集

チェロを勝田聡一、松波恵子、菅野博文、ハイディー・リチャウアー、アルトゥーロ・ボヌッチに、室内楽をハーゲン弦楽四重奏団、ハンス・ライグラフ、ボザール・トリオのメヘナム・ブレスラーに師事[1]

受賞歴編集

  • 第6回東京国際室内楽コンクール優勝、斉藤秀雄賞及びアサヒビール賞をあわせて受賞
  • イタリア・カラブリア芸術祭コンクール・チェロ部門第1位
  • ビネローロ国際室内楽コンクール第2位[1]
  • 2008年度青山音楽財団バロックザール賞受賞 (テオフィルス・トリオ)

脚注編集

外部リンク編集