水谷 静夫(みずたに しずお、1926年3月25日 - 2014年7月2日)は、日本国語学者言語学者東京女子大学名誉教授。

人物編集

東京浅草生まれ。1948年東京大学文学部国文学科卒。1949年国立国語研究所に勤務。1964年東京女子大学教授1991年定年退職、名誉教授。

早くから、言語学統計学的手法を導入して論ずる計量言語学、さらには数理言語学計算言語学の分野を国語学においても確立するため、コンピュータの導入による日本語自然言語処理を論じ(まだコンピュータといえば大型コンピュータという時代であった)、その普及に貢献した。大野の語彙法則を統計学的に整理改訂し、一般化したことでも知られる。

2014年7月2日午後10時47分、肺炎のため東京都板橋区の病院で死去[1]。88歳没。

著書編集

辞典編集

記念論集編集

  • 計量国語学と日本語処理 理論と応用 水谷静夫教授還暦記念会編 秋山書店 1987年3月

脚注編集

  1. ^ 東京女子大名誉教授の水谷静夫さん死去 朝日新聞 2014年7月8日

外部リンク編集