水軍鍋

水軍鍋(すいぐんなべ)とは、広島県尾道市因島愛媛県今治市周辺で作られる鍋料理の一つである。

概要・作り方編集

  • 室町時代から戦国時代にかけて因島をベースとして活躍したのが村上水軍海賊)である。その村上水軍が出陣する際、必勝祈願と士気向上のために食べたとされる。
  • 瀬戸内海魚介類海草をたっぷり入れ、昆布などを使った出汁で煮込む。
  • 特に「八方の敵を喰う」という意味でタコは必ず入れたと伝えられる。
  • 酒盛りのあとは、鍋に麦飯を入れて雑炊で締めくくるのが水軍流である。

関連項目編集