メインメニューを開く

水野 勝岑(みずの かつみね)は、江戸時代譜代大名備後福山藩の第5代主。水野宗家5代。

 
水野 勝岑
時代 江戸時代中期
生誕 元禄10年2月10日1697年3月2日
死没 元禄11年5月5日1698年6月12日
改名 松之丞(通称)
墓所 東京都港区三田常林寺
官位 なし
主君 徳川綱吉
備後福山藩
氏族 水野氏
父母 水野勝種
なし
なし

第4代藩主水野勝種の7男。通称は松之丞(まつのじょう)。早世し叙任しなかったため、官職はない。

目次

生涯編集

第5代将軍徳川綱吉の治世の元禄10年(1697年)に、備後福山藩の第4代藩主・水野勝種の末息子として福山で生まれた。6人の兄が全員早世していたため、同年8月に父が死去した後、10月22日に家督を相続した。

しかし、御目見のために江戸参勤した際、幼児にとって過酷な長旅の無理がたたって途中で病になり、御目見した翌日の元禄11年(1698年)5月5日に夭逝した。水野家は無嗣断絶、福山藩は改易となった。なお、勝岑の亡骸は江戸三田の常林寺に葬られた。

その後編集

水野家編集

福山城城下に除封、分家が名跡を継ぐとの幕府の決定が伝わると、藩士は初代藩主勝成の孫で、勝成の四男・勝則の息子・番頭水野勝寿[1][2][3]を跡目相続にするため篭城しようなどと評議したり、領民も幕府へ訴訟すべしといきまくなどの騒ぎとなった。これに対し家老や目附の説得により事なきを得て、城は無事に明け渡された。幕府は決定通り分家、初代藩主勝成の曾孫で、勝成の末子・勝忠の次男・勝直の長男・勝長に勝岑の名跡を継がせ、水野家宗家は存続した。しかし、石高は大幅に削減され、能登羽咋郡西谷に1万石(後に下総結城藩1万8,000石)を与えられた。

勝岑にまつわる風習編集

勝岑が亡くなったのが5月5日であったため、福山水野家にかかわった子孫の家では、こいのぼりを揚げないという風習が生まれた[4]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 山野学区まちづくり計画 - 福山市
  2. ^ 『広島県史 近世資料編 1』広島県/編,広島県,1973 (ID:1002288502 ) (p.837)
  3. ^ 『福山市史 中巻』福山市史編纂会/編,福山市史編纂会,1968 (ID:1002287652 ) (p.340)
  4. ^ 中山善照 1987, p. 100.

参考文献編集

  • 福山市文化財協会「新版福山城」2006年、70-71ページ
  • 中山善照『みにくいアヒルの子・福山 ふるさと未来ビジョン』ハートピア福山を推進する会、1987年。

外部リンク編集