メインメニューを開く

水野 勝政(みずの かつまさ)は、下総結城藩の第2代藩主。水野宗家7代。

 
水野勝政
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 貞享2年1月13日1685年2月16日
死没 延享2年7月26日1745年8月23日
戒名 廓了院諦然道聖
墓所 東京都港区三田の常林寺
官位 従五位下、日向守、摂津
幕府 江戸幕府小姓、半蔵口門番、馬場先門番、田安門番、大坂城青屋口門番、日光祭礼奉行
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
下総国結城藩
氏族 水野氏
父母 水野勝直:大出氏
養父水野勝長
兄弟 勝長勝政
正室風早公長の娘
側室:青山氏、北村氏、伊藤氏
勝庸勝盛(次男)、勝前勝珍(四男)、
娘(植村恒朝正室)、娘(生駒親賢正室)、
娘(越前松平直好継室)
養女大田原扶清

生涯編集

貞享2年(1685年)1月13日、水野勝直次男として江戸築地邸で生まれる。元禄15年(1702年)9月21日、第5代将軍徳川綱吉の奥小姓に任じられ、12月3日に従五位下、日向守に叙位・任官される。元禄16年(1703年)、兄で初代藩主の勝長死去したため、その養子として家督を継ぐ。

その後は半蔵口門番、馬場先門番、田安門番、大坂城青屋口門番、日光祭礼奉行などを歴任した。元文元年(1736年)11月18日、家督を長男の勝庸に譲って隠居し、4月7日に摂津守に遷任する。

延享2年(1745年)7月26日、江戸赤坂の藩邸で死去した。享年61。