メインメニューを開く

水野 勝長(みずの かつなが)は、能登西谷藩主、のちに下総結城藩の初代藩主で、5代で無嗣除封となった水野宗家の備後福山藩の初代主・水野勝成曾孫。水野宗家6代。

 
水野 勝長
時代 江戸時代中期
生誕 延宝7年6月4日1679年7月11日
死没 元禄16年12月22日1704年1月28日
改名 数馬(幼名)、勝長
戒名 智兼了勇仁得院
墓所 東京都港区三田常林寺
官位 従五位下、隠岐
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
能登西谷藩主→下総結城藩
氏族 水野氏
父母 水野勝直:大出氏
養父水野勝岑
兄弟 勝長勝政
正室内田正衆の娘
養子勝政

生涯編集

延宝7年(1679年)6月4日、旗本水野勝直長男として江戸で生まれる。

元禄8年(1695年)に将軍徳川綱吉に初めて披露される。

元禄11年(1698年)に福山藩の第5代藩主水野勝岑が早世したため、その養子となって水野家の名跡を継ぐことを許され、能登羽咋郡西谷に1万石を与えられる。

元禄12年、小姓並から小姓に進み、従五位下に任官し隠岐守を名乗る。

元禄13年、下総結城に転封となり、翌14年に3000石加増される。

元禄16年にはさらに5000石の加増があり、結城城築城を命ぜられ城主に列する。正室は鹿沼藩主・内田出羽守正衆の娘。

同年3月頃から病に倒れ、6月頃に一時的に回復したが、同年12月22日に江戸の神田橋邸で病死した。享年25。跡を弟で養嗣子の勝政が継いだ。

先代:
水野勝岑
水野氏〔宗家〕当主
1698年 - 1704年
次代:
水野勝政