水野實郎

水野実郎から転送)

水野 實郎(みずの じつろう、1898年1月4日[1] - 1966年12月14日[2])は、日本の政治家日本社会党衆議院議員(1期)。

経歴編集

東京都出身[2]早稲田大学専門部政経科で学ぶ[2]有価証券売買業を経て、東洋発動機工業(株)取締役社長となる[2]社会大衆党愛知県連会長、同中央執行委員、日本社会党中央執行委員、同党愛知県連書記長を務めた[2]

1947年第23回衆議院議員総選挙では愛知2区から日本社会党公認で立候補して当選[3]。衆議院議員を1期務めた。1949年第24回衆議院議員総選挙では社会革新党から立候補して落選[3]1952年第25回衆議院議員総選挙では協同党から立候補して落選[3]1953年第26回衆議院議員総選挙では社会党右派から立候補して落選した[3]

1966年に死去した。

脚注編集

  1. ^ 『第三回国会 衆議院議員名簿』14頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』625頁。
  3. ^ a b c d 『朝日選挙大観』511頁。

参考文献編集

  • 『第三回国会 衆議院議員名簿』衆議院公報附録、1948年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『朝日選挙大観』朝日新聞社、1997年。