メインメニューを開く

水野 忠元(みずの ただもと、天正4年(1576年) - 元和6年10月6日1620年10月31日))は、江戸時代初期の大名下総山川藩の初代当主。忠元系水野家初代。水野忠守の三男。正室は三浦為春紀州徳川家家臣)の娘。子は水野忠善(長男)、水野忠久(次男)、娘(有馬豊長正室)、娘(水野重良正室)、娘(佐野政信室)。従五位下、大監物。

2代将軍・徳川秀忠の側近として幕政に携わる。慶長10年(1605年)叙任し、小姓組番頭に就任。同時期の小姓組番頭は他に五名おり、それぞれ、井上正就板倉重宗日下部正冬大久保教隆成瀬正武

大坂冬の陣大坂夏の陣に参戦し、元和元年(1615年)に西丸書院番頭に転じる。同年、下総国・下野国近江国において3万5000石の領地を与えられ、大名に列する(山川藩)。元和6年(1620年)死去。

なお、水野家(唐津・浜松藩)では、初代忠元が諸侯に列したことを記念して、領地ではないが許可を得て、11代忠邦までの墓所が山川(茨城県結城市)につくられている。