メインメニューを開く

水野 忠武(みずの ただたけ)は、駿河沼津藩の第4代藩主。沼津藩水野家11代。

 
水野忠武
時代 江戸時代後期
生誕 文政7年7月12日1824年8月6日
死没 天保15年7月10日1844年8月23日
改名 啓次郎・惣兵衛(幼名)、忠武
戒名 恒徳院道誉赫然曜武
墓所 東京都文京区小石川の伝通院
官位 従五位下、大和守、出羽
幕府 江戸幕府
駿河国沼津藩
氏族 水野氏
父母 父:水野忠義、母:よし
兄弟 惣兵衛忠武忠良
正室:毛利斉煕の娘・あき
養子:忠良

文政7年(1824年)7月12日、第3代藩主水野忠義の次男として江戸浜町屋敷で生まれる。文政8年(1825年)に兄の惣兵衛が早世したため、天保5年(1834年)6月6日に世子として指名された。天保10年(1839年)12月18日に従五位下、大和守に叙任する。天保13年(1842年)、父の死去により家督を継ぎ、出羽守に転任する。

おりしも幕府では水野忠邦による天保の改革が始まり、祖父の水野忠成による幕政を否定する忠邦による粛清として、三河における新田開発など、様々な手伝い普請を幕命によって命じられ、藩財政難に陥った。

天保15年(1844年)7月10日に江戸外桜田屋敷で死去した。享年21。跡を弟で養子の忠良が継いだ。