メインメニューを開く

水野 忠盈(みずの ただみつ)は、三河岡崎藩の第3代藩主。忠元系水野家4代。

 
水野忠盈
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文2年12月6日1663年1月15日
死没 元禄12年8月4日1699年8月28日
別名 粂之助(通称)
諡号 太雲公
戒名 鉄船道駕太雲院
墓所 茨城県結城市の護龍山万松寺
官位 従五位下、豊前
三河国岡崎藩
氏族 水野氏
父母 父:水野忠春、母:前田利次の娘・梅(清光院)
兄弟 忠直忠盈、政之助、忠之、内匠、重富
正室:心涼院本多忠平養女・本多忠義娘)
養子:忠之、久、照(京極高栄正室)
テンプレートを表示

寛文2年(1662年)12月6日、第2代藩主水野忠春の次男として江戸藩邸で生まれる。兄忠直の死により嫡子となり、延宝6年(1678年)、従五位下、豊前守に叙位・任官する。元禄5年(1692年)、父が死去したため家督を継ぐ。元禄7年(1694年)、西の丸大手門番に任じられ、以後も京都上使役、奥詰など諸役を歴任した。

元禄12年(1699年)8月4日に死去した。享年38。男子がなく、跡を弟で養子の忠之が継いだ。