水野正敏

日本のベーシスト (1954-)

水野 正敏(みずの・まさとし、1954年5月7日 - )は、エレクトリックフレットレスベースおよびアコースティックベースウッドベース)を演奏する日本人ベーシストプロデューサーとしても多くのアルバムを世に送り出している。

経歴編集

スタジオワーク、制作などの仕事をこなす。テレビドラマの音楽制作なども手がけている。

1994年に村上秀一佐山雅弘と共にアルバムPONTA BOXを発表、好セールスを記録しメジャーシーンへ登場する。[要出典]この年初登場したベースマガジンのインタビューで水野は、自分のベースを所有しておらず、弟子のベースを借用してレコーディングに臨んだと語っている。また、同時にモニターしてくれるメーカーを募集しているとも語り、その直後にESPとモニター契約を結んでいる。

ライヴ・アット・モントルー・ジャズを発表後にPONTA BOXを脱退。

脱退後、多くのバンド、ユニットを結成し、年に6枚のペースでアルバムを発表、また雑誌への寄稿、教則本、教則ビデオも数多い。[独自研究?]

外部リンク編集