水野貴広

水野 貴広(みずの たかひろ、1972年11月2日 - )は日本中央競馬会 (JRA) ・美浦トレーニングセンターに所属している調教師、元騎手。父は高崎競馬場所属の調教師であった水野清貴双子の弟も地方競馬の元騎手で、現在は浦和競馬場所属の調教師・水野貴史

水野貴広
Takahiro-Mizuno20110320.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県
生年月日 (1972-11-02) 1972年11月2日(44歳)
身長 164cm
体重 51kg
血液型 A型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 美浦・飯塚好次(1991.3 - 1995.9)
美浦・フリー(1995.10 - 2004.11)
美浦・的場均(2004.11 - 引退)
初免許年 1991年3月1日
免許区分 平地
騎手引退日 2005年5月31日
通算勝利 2828戦102勝
調教師情報
初免許年 2006年
経歴
所属 騎手(1991.3 - 2005.5)
美浦・的場均(2005.6 - 2006.2)
美浦T.C.
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1988年、4月にJRA競馬学校騎手課程に入学する。

1991年、2月に競馬学校を卒業し騎手免許を取得する。同期には四位洋文藤田伸二らがいる。デビュー時は飯塚好次厩舎所属であった。3月2日、初騎乗は中山競馬場での第4レースで、2番人気のカシマダイオーに騎乗し4着。4月7日に中山競馬場で行われた第3レースで6番人気だったカイウンカンノンに騎乗し、初勝利を挙げた。

1995年、10月よりフリーとなる。

1996年4月2日地方競馬で初騎乗し、11月23日に地方初勝利を挙げる。

2004年4月11日にJRA通算100勝を達成する。11月より美浦・的場均厩舎所属となる。

2005年5月31日付で騎手を引退する。騎手成績は、JRA通算2828戦102勝、地方通算88戦7勝。6月より調教助手となった。

2006年、2月に調教師免許を取得。当初は10月1日付けで12馬房で厩舎を開業する予定だったが、富田一幸厩舎解散に伴い6月1日付で14馬房で開業した。厩舎所属馬の初出走は6月11日東京競馬場の第4レースで、ニシノツバメが17番人気で13着となる。8月12日新潟競馬場の第2レースで3番人気だったカネショウサンデーが勝利し、のべ17頭目で初勝利を挙げる。

2007年2月20日に地方競馬初出走。大井競馬場のフォーチュネイト水仙特別で双子の弟である貴史がリアルファンタジーに騎乗し、7着となった。

2010年新潟2歳ステークスマイネイサベルで制し、騎手時代を通じて中央競馬重賞初勝利を挙げる。

騎手成績編集

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 101 130 147 2809 .036 .082
障害 1 2 2 19 .053 .158
102 132 149 2828 .036 .083
日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1991年3月2日 2回中山3日4R 4歳未勝利 カシマダイオー 12頭 2 4着
初勝利 1991年4月7日 3回中山6日3R 4歳未勝利 カイウンカンノン 16頭 6 1着
重賞初騎乗 1991年3月31日 3回中山4日11R 日経賞 ハッピーシャトー 10頭 10 5着

主な騎乗馬編集

調教師成績編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2006年6月11日 3回東京8日4R 3歳未勝利 ニシノツバメ 17頭 17 13着
初勝利 2006年8月12日 3回新潟1日2R 3歳未勝利 カネショウサンデー 14頭 3 1着
重賞初出走 2007年11月10日 5回東京3日11R 京王杯2歳S ハートオブクィーン 15頭 5 10着
重賞初勝利 2010年9月5日 3回新潟8日11R 新潟2歳S マイネイサベル 17頭 9 1着
GI初出走 2007年12月2日 5回阪神2日11R 阪神JF ハートオブクィーン 18頭 14 11着

主な管理馬編集

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走、太字はGI級競走。

関連項目編集

外部リンク編集