水鳥鐵夫

日本の男性声優 (1938-2010)

水鳥 鐵夫(みずとり てつお、1938年12月25日[2][3][6][7] - 2010年7月14日[8])は、日本男性声優演出家アーツビジョン所属[4]東京都出身[2]。旧芸名水鳥鉄夫(読み方同じ)[1]

みずとり てつお
水鳥 鐵夫
プロフィール
本名 水鳥 鐵夫[1]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本東京都[2]
生年月日 (1938-12-25) 1938年12月25日
没年月日 (2010-07-14) 2010年7月14日(71歳没)
血液型 AB型[3]
職業 声優演出家
事務所 アーツビジョン(最終所属)[4]
公称サイズ(時期不明)[6]
身長 / 体重 159[5] cm / 57 kg
声優活動
活動期間 1960年代 - 2010年
ジャンル アニメ吹き替えゲーム
演出家活動
ジャンル 舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

経歴 編集

日本大学中退[6]

生前は劇団七曜会[9]、劇団風[4]劇団河[4]ぷろだくしょんバオバブアーツビジョンに所属していた。

勝田声優学院で講師をしていた関係で高木渉らが劇団あかぺら倶楽部を旗揚げの際には演技指導や演出面などで全面協力し劇団員をバックアップした[10][11][12][13]。高木によると「声優である前に俳優であれ」という人物であり、授業内容も主に1年を通して1本の戯曲を取り上げるものが多かったという[10][11]。同声優学院の教え子に三石琴乃[12][13]関智一がいる[14]2000年代からは演出家なども精力的に活動していた。

2010年7月14日午後16時01分に死去。71歳没。死因などの詳細は公表されていないが、所属事務所のアーツビジョンによれば、晩年は病気療養中だったという[8]。また、死去に際しアーツビジョンや劇団あかぺら倶楽部などが追悼の意を発表し[8]、水鳥がブロッケンJr.役などで出演した『キン肉マン』の原作者ゆでたまごの原作担当・嶋田隆司も長い間、年賀状でのやりとりをしていたことと、「わたしどもはより一層ブロッケンを光輝くキャラクターに育てあげます」ということを述べた[15]

人物・特色 編集

声種バリトン[9]

よく苗字を「水(みずしま)」[7]と読み間違えられる。また、雑誌などでの誤植も多い[7]。教え子の関智一からは「鐵夫」と下の名前で呼ばれていた[14]

高音から低音、コミカルまで演技の幅が広かった[16]

趣味は手作り(食品家具小物類)[3]

後任 編集

水鳥の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

後任 役名 概要作品 後任の初担当作品
石井康嗣 木下鉄丸 忍たま乱太郎 第18期第82話[注 1]
高戸靖広 ゾルド ドラゴンボールZ ゲーム『ドラゴンボールヒーローズ
茶風林 松野松造(とうさん) おそ松くん』第2作 『CRおそ松くん』
龍田直樹 与作さん キン肉マン CM『常盤薬品 眠眠打破VSキン肉マン 夢の超人タッグ篇』

出演 編集

テレビアニメ 編集

1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1995年
1996年
  • 名探偵コナン(1996年 - 2006年、強盗B、津曲水貴、桐下、寿司屋の店主)
1998年
2003年
2004年
2005年
2009年

劇場アニメ 編集

1981年
1983年
1984年
1985年
1986年
1989年

OVA 編集

ゲーム 編集

1992年
1993年
1997年
1998年
1999年
  • 私立ジャスティス学園 熱血青春日記2(島津英雄)
2000年
2002年
2003年
2005年
2008年
2009年
2011年

ドラマCD 編集

吹き替え 編集

映画 編集

ドラマ 編集

海外人形劇 編集

  • キャプテン・スカーレット
    • 無人戦車ユニトロン!(ピート、保安部)
    • 地球の翼を守れ!(SPV管理者)
    • 地獄の猛火!(作業員)
    • 原子炉爆発寸前!(セネカ建設技師)
    • スペクトラムの暗号をねらえ!(給仕)
  • サンダーバード
    • 原子炉の危機(ウェイド)
    • クラッブロガーの暴走(ピーターソン、ロボティック社守衛)
  • ロンドン指令X
    • 新兵器アクアタンク(守衛)
    • 空飛ぶクラシック・カー(原始人)

アニメ 編集

パチンコ・パチスロ 編集

特撮 編集

その他コンテンツ 編集

演出 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 第29期第63話のみ間宮康弘が担当。
  2. ^ 鉄夫と誤表記。
  3. ^ 小島鉄夫と誤表記。
  4. ^ 白鳥鉄夫と誤記。

シリーズ一覧

  1. ^ 『F』(2000年)、『F.I.F』(2001年)、『PORTABLE』(2006年)

出典 編集

  1. ^ a b c d 掛尾良夫 編「男性篇」『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年3月30日、283-284頁。ISBN 4-87376-160-3 
  2. ^ a b c 『声優名鑑』、643頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  3. ^ a b c 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、152頁。 
  4. ^ a b c d 水鳥鐵夫”. アーツビジョン. 2009年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月1日閲覧。
  5. ^ 『日本タレント名鑑(2010年版)』VIPタイムズ社、2010年2月27日、364頁。ISBN 978-4-904674-01-7 
  6. ^ a b c 『日本タレント名鑑(2004年版)』VIPタイムズ社、2004年4月8日、354頁。ISBN 978-4-9901242-2-9 
  7. ^ a b c “水鳥鐵夫”. Excite News. エキサイト株式会社. https://www.excite.co.jp/news/dictionary/person/PEd464c995c2673fd40e7bb694019198f684005849/ 2021年2月8日閲覧。 
  8. ^ a b c  声優の水鳥鐵夫さんが死去 『キン肉マン』ロビンマスクに続きブロッケンJr.も逝く ニュース”. ORICON STYLE (2010年7月21日). 2012年2月14日閲覧。
  9. ^ a b 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、104頁。 
  10. ^ a b 高木 渉さん「広い世界に飛び込んでみよう」”. 声優グランプリWEB. 声優道. 主婦の友インフォス. p. 1 (2020年4月2日). 2023年3月4日閲覧。
  11. ^ a b みんなを元気にできる、僕にしかできない芝居を!!VOL.1”. 声優になる!マガジン. 雷鳥社 (2005年3月9日). 2023年7月2日閲覧。
  12. ^ a b ようこそ!マイホームタウン 三石琴乃×高田馬場”. 東京新聞ほっとweb (2021年3月24日). 2023年3月4日閲覧。
  13. ^ a b TV版無印『セーラームーン』最終回を27年越しに演じた三石琴乃の胸に残ったもの――養成所時代からエヴァ完結編まで、半生を振り返る彼女が語った次に演じたい役とは?【人生における3つの分岐点】”. ニコニコニュース. p. 1 (2022年9月12日). 2023年3月4日閲覧。
  14. ^ a b 「お前、頭デカいな!」関智一が声優を目指したきっかけは友達からの一言だった――『鬼滅の刃』『PSYCHO-PASS』…話題作に出演してきた彼が語る“人生における3つの分岐点” (1ページ目)
  15. ^ Pehlwans - blog - TAKASHI SHIMADA 2010年8月19日
  16. ^ ACTOR”. アーツビジョン. 2001年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月15日閲覧。
  17. ^ ジャングル黒べえ”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年5月11日閲覧。
  18. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーションラインナップ. マシンハヤブサ. 東映アニメーション. 2023年6月27日閲覧。
  19. ^ 花の係長”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年5月11日閲覧。
  20. ^ 恐竜大戦争アイゼンボーグ”. メディア芸術データベース. 2016年12月3日閲覧。
  21. ^ 女王陛下のプティアンジェ”. 日本アニメーションOFFICIAL SITE. 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。
  22. ^ 未来少年コナン”. 日本アニメーションOFFICIAL SITE. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  23. ^ 作品データベース 森の陽気な小人たちベルフィーとリルビット”. タツノコプロ. 2023年1月5日閲覧。
  24. ^ 愛の学校クオレ物語”. 日本アニメーション. 2016年8月2日閲覧。
  25. ^ a b c 中山基(編)『フィギュア王』No.119、ワールドフォトプレス、2008年1月30日、30-31頁、ISBN 978-4-8465-2701-3 
  26. ^ ヘーい! ブンブー”. 日本アニメーション. 2023年3月9日閲覧。
  27. ^ a b “おそ松くん”. ぴえろ公式サイト. https://pierrot.jp/archive/1985/tv80_17.html 2020年7月5日閲覧。 
  28. ^ a b c d e f g DVD『キン肉マン THE MOVIE』解説書より。
  29. ^ 高橋己代子 編「熱血人類学 魂のボイスコレクション」『ゲーメストムック Vol.123 私立ジャスティス学園 熱・血・大・全 2』新声社、1998年5月15日、136頁。ISBN 4-88199-460-3 
  30. ^ NAMCO x CAPCOM公式サイト、キャラクター3
  31. ^ ナムコ クロス カプコン オフィシャルガイドブック ISBN 9784757723672

関連項目 編集

外部リンク 編集