メインメニューを開く

氷と炎の歌』(こおりとほのおのうた、A Song of Ice and Fire)は、アメリカ合衆国の作家であり脚本家であるジョージ・R・R・マーティン著のファンタジー小説シリーズ。HBOにてゲーム・オブ・スローンズとしてドラマ化もされている。

氷と炎の歌
A Song of Ice and Fire
著者 ジョージ・R・R・マーティン
発行日 アメリカ合衆国の旗1996年
発行元 早川書房(日本語版)
ジャンル ファンタジー小説、ハイ・ファンタジー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語(日本語)
公式サイト George R. R. Martin's Official Website
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

1996年に第1部『七王国の玉座』が発表されて以来、2019年現在も続刊中である。中世イギリスや薔薇戦争をモチーフにした架空戦記であり、多彩な登場人物の視点から進行する群像劇であり、ドラゴンや魔法が登場するファンタジーでもある。2015年時点で、シリーズ合計では世界中で6000万部を売り上げている[1]

本シリーズ編集

当初は3部作の予定であったが、2019年4月現在で5部が出版されており、最終的には7部の長編により構成される予定である。

『氷と炎の歌』の物語は、ウェスタロスと呼ばれる架空の大陸と、その東にあるエッソスと呼ばれる大陸でおもに展開する。登場するキャラクターのほとんどは人間であるが、シリーズが進むにつれて他の種族も登場する。極北の恐るべき〈異形〉(〈異形人〉)や、東の炎を吐くドラゴンなどであるが、いずれも物語の当初は絶滅したと思われていた。シリーズには3つの主要な筋がある。第一はウェスタロスの覇権を巡って多くの名家が王位を巡って争う内戦であり、第二はウェスタロスの北の境界を形成する巨大な氷の〈壁〉の向こう側に住む〈異形〉からの脅威の高まりであり、そして第三は15年前の内戦で殺された王を父とする流浪の王女デナーリス・ターガリエンの、ウェスタロスに帰還して生得の権利である玉座を奪還しようとする野望である。シリーズが進むにつれ、3つの筋は絡み合うことになる。

シリーズは複数の視点人物の眼を通した三人称で語られる。 その他、長編の一部に基づいた中編が発表されている。

  • Blood of the Dragon (日本語未訳)
    『七王国の玉座』のデナーリス・ターガリエン(デーナリス)の章を抜き出しまとめたもの。
  • Path of the Dragon (日本語未訳)
    『剣嵐の大地』のデナーリスの章を抜き出しまとめたもの。
  • Arms of the Kraken (日本語未訳)
    『乱鴉の饗宴』の鉄諸島の章を抜き出しまとめたもの。

ドラマ編集

2011年からHBOによりゲーム・オブ・スローンズとしてテレビドラマ化されている。日本においてもスター・チャンネルにおいて2013年1月から放映されている。

さらに、"Fire and Blood"に基づきターガリエン家の歴史を語る『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚のドラマシリーズ"House of the Dragons"の製作が2019年10月29日に発表されている[2]

外伝編集

ダンクとエッグの物語編集

シリーズと同じ世界ではあるが、約90年前に時代を移した3篇の中編が発表されている。主人公たちの名前にちなんで、「ダンクとエッグの物語」シリーズと呼ばれている。いずれも『七王国の騎士』(A Knight of the Seven Kingdoms)に収録。

The Princess and the Queen編集

(日本語未訳)(アンソロジー "Dangerous Women"(2013)に収録) 『七王国の玉座』の約200年前を舞台とし、〈双竜の舞踏〉(The Dance of the Dragons)として知られる内戦を描く。

ターガリエン王朝のヴィセーリス一世が崩御し、前王妃との間に生まれたプリンセス・レイニラと現王妃アリセントとの間に生まれたプリンス・エイゴンが王位を争う。ドラゴンストーンを本拠地とするプリンセス・レイニラ側と、キングズランディングを本拠地とするプリンス・エイゴン側は、それぞれドラゴンを駆り、諸名家を味方につけて七王国全体が内戦に突入する。プリンセス・レイニラ側は夫のプリンス・デイモンを含む多くを失い、二人の息子だけが助命される。プリンセス・レイニラ自身は息子たちの目前で、プリンス・エイゴンのドラゴンに食い殺される。プリンス・エイゴンは王位に就くが、戦いで負った傷のためにやがて崩御し、皮肉にもプリンセス・レイニラの二人の息子たちが順に後を継ぐことになる。この戦いでドラゴンのほとんどが死に絶える。

The Rogue Prince, or, the King's Brother編集

(日本語未訳) (アンソロジー "Rogues"(2014)に収録)

七王国の玉座』の約200年前を舞台とし、""The Princess and the Queen"の前日譚にあたる。"悪漢"プリンス・デイモンを主人公とする。

ヴィセーリス王は男子優先の相続法に従えば弟のプリンス・デイモンが後継者であるはずのところを、娘のプリンセス・レイニラを後継者とする。やがて王妃は亡くなり、王はハイタワー家のアリセントを後室に迎え、プリンス・エイゴンを始めとして多くの子供たちをもうける。だが王はプリンセス・レイニラを後継者からはずさない。プリンセス・レイニラはドラゴンストーンを与えられ、ヴェラリオン家のレイノアと結婚する。レイノアの死後、プリンセス・レイニラは叔父のプリンス・デイモンと結婚し、子をもうける。アリセント王妃とプリンセス・レイニラの対立は深まる。

The Sons of the Dragon編集

(日本語未訳)(アンソロジー"The Book of Swords" (2017年10月)に収録)

ターガリエン王朝初代エイゴン征服王の息子たちである、妹レイニスとの子である第二代エイニス一世と、姉ヴィセーニャとの子である第三代メイゴル残酷王の時代を描く。ターガリエン家の慣習である一夫多妻制近親婚の習慣を七神正教は受け入れず、征服された痛みを未だ忘れていない七王国では反乱が多発する。文弱なエイニス一世はこれを抑えられずに崩御し、七王国最強の騎士である弟メイゴルが兄の長子エイゴンと王位を争う。メイゴルは王位争奪戦を勝ち抜き、反乱勢力を壊滅させ、聖兵組織を禁じて正教を屈服させ、投降者を厳しく罰して残酷王の異名を得る。エイゴンの姉かつ妻で未亡人となったレイナを含む複数の妻を迎えるが、子には恵まれない。再び反乱がおきる中、鉄の玉座の上で不可解な死を遂げ、エイニスの三男のジェヘアリーズが王位に座ることになる。

Fire and Blood編集

(日本語未訳)

2018年11月にリリースされた、ターガリエン家の歴史を語る中編集。

  • Aegon's Conquest:
  • Reign of the Dragon - The Wars of King Aegon I
    • エイゴンは鉄諸島人にグレイジョイ家を領主として選ばせる。エイゴンと姉妹妻はドーンを攻めるが苦戦し、レイニスと彼女のドラゴンは落命する。講和が成るがドーンの独立は保たれる。
  • Three Heads Had the Dragon - Governance Under King Aegon I
    • エイゴンは七王国の統一と平和に心を砕く。諸国を巡行し、諸侯間の婚姻を勧め、諸侯の子女を宮廷に迎え入れる。〈王の盾〉を創立し、キングズランディングの城と街を整備する。
  • The Sons of the Dragon (アンソロジー"The Book of Swords"収録の同題の中編を加筆)
  • Prince into King - The Ascension of Jaehaerys I
    • 征服暦48年、叔父メイゴルの急死後、エイニスの三番目の息子で若干14才のジェヘアリーズが、母アリッサの摂政のもとで鉄の玉座に就く。
  • The Year of the Three Brides-49 AC
    • 征服暦49年には三人の高貴な女性が結婚する。最初はジェヘアリーズ王の姉で、兄エイゴンの未亡人かつメイゴル王の未亡人でもあるレイナが平凡な貴族とひっそりと式を挙げる。次に王の母で摂政のアリッサが〈王の手〉のローガー・バラシオンと壮大な結婚式を挙げる。最後には、〈王の手〉の企む政略結婚に反発したジェヘアリーズ王が妹のアリサンヌと密かにドラゴンストーンに逃れて、近親婚を行う。
  • A Surfeit of Rulers
    • 近親婚に対する反発を恐れる摂政太后アリッサと、誇りを傷つけられた〈王の手〉ローガーは、王と王女の近親婚を壊そうと謀る。だがアリッサは武力を用いようとするローガーを解任する。
  • A Time of Testing-The Realm Remade
    • 16才になり摂政の不要となったジェへアリーズ王は王都に戻る。ローガーを許し、妹との結婚を発表し、姉レイナをドラゴンストーンの領主とする。正教はヴァリリア人を近親婚禁忌の例外と宣言する。
  • Birth, Death, and Betrayal Under King Jaehaerys I
    • アリサンヌ王妃は王女デナーリスを産む。レイナは友人と夫に裏切られ、双子の娘の一人はドラゴンを盗んで逃げる。アリッサは二子をなして死ぬ。
  • Jaehaerys and Alysanne-Their Triumphs and Tragedies
    • レイナの娘はドラゴンとともにキングズランディングに戻るが、何らかの黒魔術により恐るべき死を遂げる。レイナはハレンホールに移る。アリサンヌはエイモン、ベイロンの二人の王子を産み、〈壁〉に旅して〈冥夜の守人〉にニューギフトを贈る。征服暦58年、即位10年の式典が挙げられる。
  • The Long Reign-Jaehaerys and Alysanne-Policy, Progeny, and Pain
    • 翌年ウェスタロスには冬と疫病が訪れ、多くの人が死ぬ。ジェヘアリーズ王は王の道の建設を始める。王と王妃は長生きし13人の子をなすが、多くは夭折、熱病、灰鱗病、産褥などで亡くなり、3人だけが王妃より長生きする。次男のベイロン、〈知識の城〉に送られたヴェイゴン、そしてエッソスに逃げて娼婦となったサエラのみである。征服暦100年、王妃は薨去する。
  • Heirs of the Dragon-A Question of Succession
    • 中編"The Rogue Prince, or, the King's Brother"とほぼ同じ時期の出来事を語る。征服暦101年、世継ぎのベイロンが死に、ジェヘアリーズ王は長子エイモンの娘レイニスあるいはその息子のレイノアか、次子ベイロンの長子ヴィセーリスのいずれを世継ぎにするかの選択を大評議会に任せ、男系が長幼に優先する原則をもってヴィセーリスが選ばれる。だが王位に就いたヴィセーリスは、その原則に反して弟のデイモンを差し置き長女のレイニラを世継ぎとする。最初の王妃が死んだあと、ヴィセーリスは王の手の娘アリセント・ハイタワーを後室とし、三人の息子をもうける。宮廷はアリセント王妃を支持する緑の党とレイニラ王女を支持する黒の党に分かれて抗争を繰り広げ、やがて征服暦129年にヴィセーリスは薨去する。

以降の"The Dying of the Dragons-" 6中編は中編"The Princess and the Queen"で語られた〈双竜の舞踏〉(The Dance of the Dragons)と呼ばれる内戦を物語る。

  • The Dying of the Dragons-The Blacks and the Greens
    • ヴィセーリスの薨去後、アリセント王妃、その父で〈王の手〉のオットー・ハイタワー、〈王の盾〉の総帥クリストン・コールらの〈緑の党〉は王の死を隠してアリセントの長子エイゴンを王位につけた後、父の死をドラゴンストーンのレイニラに伝える。双方とも戦に備え諸侯の支持を得ようと試みる。
  • The Dying of the Dragons-A Son for a Son
    • レイニラの夫となっていたデイモンは〈ハレンの巨城〉を降伏させ、アリン家、マンダリー家、スターク家の支持を得る。だがバラシオン家は緑の党につき、レイニラの次子とそのドラゴンはエイゴンの弟エイモンドとそのドラゴンに殺される。報復にエイゴンの息子が暗殺される。
  • The Dying of the Dragons-The Red Dragon and the Gold
    • 互いに高貴な血とドラゴンの犠牲を出しながら黒の党と緑の党は諸名家を味方につけて戦う。エイモンドとクリストンが〈ハレンの巨城〉を攻める間にデイモンとレイニラはキングズランディングを落とし、アリセント皇太后とその娘でエイゴンの王妃のへレイナを捕虜とする。だが重傷を負っていたエイゴン二世は行方不明となる。黒の党はターガリエンの私生児をドラゴンの乗り手として加える。
  • The Dying of the Dragons-Rhaenyra Triumphant
    • クリストン・コールは戦死するが、増税によりレイニラは王都の人気を失う。プリンス・デイモンとプリンス・エイモンドはドラゴンに乗って一騎打ちを行い、相討ちとなる。
  • The Dying of the Dragons-Rhaenyra Overthrown
    • 王都では聖職者にあおられて暴動が起き、5頭のドラゴンとレイニラの息子たちが死に、レイニラは逃げ出す。黒の党が緑の党の軍勢に奇襲をかけ、ほとんどのドラゴンが乗り手とともに死ぬ。ドラゴンストーンに逃げたレイニラは重傷を負って隠れ住んでいたエイゴン二世のドラゴンに食い殺され、息子で同名のエイゴンは牢に入れられる。
  • The Dying of the Dragons-The Short, Sad Reign of Aegon II
    • 不具となったエイゴン二世は王都に戻り、復讐を求める。そのためレイニラの味方であった名家は敵にとどまり、他家は日和見し、忠実な味方であるバラシオン家も戦いで敗れる。不利な状況下で王の臣たちは陰謀を画策し、王を毒殺し、アリセント皇太后を牢に容れる。レイニラの息子のエイゴンを王とし、エイゴン二世の娘のジェヘイラ王女と婚約させる。
  • Aftermath-The Hour of the Wolf
    • クリーガン・スタークが王都に来て〈王の手〉となり、緑の党の諸名家の討伐を主張するが、降伏により矛を収める。エイゴン三世が戴冠しジェヘイラ王女と結婚する。
  • Under the Regents-The Hooded Hand
    • 拷問により盲目となり醜い姿となったタイランド・ラニスターが頭巾を被って〈王の手〉となり、7人の摂政の委員会とともに少年王を支える。後継ぎの確保のためにプリンス・デイモンの双子の娘の婚姻が進められる。熱病がウェスタロスを襲い、アリセント皇太后やタイランドを含む多くが死ぬ。
  • Under the Regents-War and Peace and Cattle Shows
    • 征服暦133年、〈王の手〉に就任したアンウィン・ピークは13才の少年王を無視し、政治を切り回す。ジェヘイラ王妃が謎の死を遂げ、ピーク公はすぐに自分の娘を王妃にしようとして反発を買い、すべての王妃候補となる高貴な娘たちを招いた舞踏会を催さざるを得なくなる。エイゴン三世はでデネイラ・ヴェラリオンを妃に選ぶ。
  • Under the Regents-The Voyage of Alyn Oakenfist
    • ステップストーン群島征伐で名を挙げたアリン・ヴェラリオンは、西岸を脅かす鉄諸島攻撃を命じられて艦隊を率いるが、ダルトン・グレイジョイ公が〈塩の妻〉の一人に殺されたため鉄諸島艦隊は撤退し、無血で勝利を得る。帰り道、ヴェラリオン公はライスに囚われていた、王の弟のヴィセーリスを交渉で取り戻して王都に連れ帰る。ピーク公は〈王の手〉を辞任する。
  • The Lysene Spring and the End of Regency
    • 冬が終わり、ヴィセーリスのライス人の妻の一族は王家との関係を生かして空前の繁栄を遂げるが、突然に崩壊する。法的に成人となる16才の誕生日、エイゴン三世は〈王の手〉と摂政を解任し、行幸を中止する。

派生作品編集

ビデオゲーム、ボードゲーム、カードゲーム、ガイドブック、料理本など多数の派生作品が製作されている。

  • The Lands of Ice and Fire:地図集
  • The World of Ice and Fire:ガイドブック

背景編集

本シリーズの第1部から第3部には岡部宏之による旧訳と、酒井昭伸による新訳が存在し、旧訳と新訳の間では多くの名称の日本語訳が変更されているため、以下においては新訳語を用い、最初に使用された箇所では括弧内に旧訳語を示す。

一万二千年前〜四千年前-森の子らと最初の人々-編集

物語は、南アメリカ大陸と同じ程度の大きさであり[3]同じ季節が何年も続くウェスタロス大陸が主な舞台となる。その歴史は1万2千年前にさかのぼる。この土地の最初の居住者は、自然と調和して生き、強力な魔法を使う小柄な〈森の子ら〉(〈森の子供たち〉)と呼ばれる種族であった。彼らが信仰した〈古の神々〉はいまだに北部であがめられている。そこに青銅の武器を持ち馬に乗った野蛮な戦士文明の〈最初の人々〉が東方の大陸エッソスから地峡を渡ってやってきて、〈森の子ら〉と数多くの戦争を繰り広げた。戦いの結果、地峡は魔法によって破壊された。その結果、〈顔のある島の条約〉(〈顔の島の条約〉)が結ばれ、〈森の子ら〉は森に住み、〈最初の人々〉は開けた土地を支配することとなった。

4千年後、遥か北方から、謎に満ちた種族である〈異形〉が現れ、ウェスタロスを席巻して多くの死と破壊を引き起こし、何世代も続く闇と何十年も続く冬をもたらして、条約は力を失った。その後〈夜明けを呼ぶ戦争〉において、〈異形〉は〈最初の人々〉と〈森の子ら〉によって退けられ、ウェスタロス最北部の地峡を横断する巨大な氷の〈壁〉によって、再び南に侵入することを阻止された。続く数世紀の間に、〈森の子ら〉は次第に姿を消し、ウェスタロスを離れたか、滅亡したかと考えられた。

二千年前-アンダル人の侵略とロイン人の到来-編集

〈夜明けを呼ぶ戦争〉から約2千年後、アンダル人が東の大陸エッソスから〈狭い海〉を渡って上陸した。アンダル人は鉄の武器を持ち、馬を乗りこなして戦い、〈七神正教〉(〈七柱の神々〉の宗教)をもたらした。アンダル人はアリンの谷間に上陸し、南部の王国を征服した。しかし、厳しい自然環境に守られた北部の王国は征服できず、北部は〈最初の人々〉の習慣を色濃く残す土地となった。やがて、ウェスタロスには6つの巨大で強力な王国が創建された。北の王国鉄諸島の王国谷と空の王国岩の王国嵐の王の王国、そして河間平野(リーチ)の王国である。リヴァーランドは繰り返し周辺国に征服されて最後には壊滅し、王国とはならなかった。ウェスタロスの遥か南の砂漠の王国は、絶え間ない戦争によって分裂していた。物語の約千年前には、東の大陸のロイン(ローイン)川の流域から多くの難民が、ヴァリリアの拡大する勢力に押し出されて、戦士女王ナイメリアの下で〈狭い海〉を渡り、ウェスタロスの南端に上陸した。このロイン人たちは当地のモース・マーテルと同盟し、南のドーン半島を征服してその名を持つ第7の王国を建設した。

三百年前-ターガリエン王朝による征服-編集

5世紀ののち、エッソスで拡張し続ける古代ヴァリリア永世領(古代ヴァリリア自由保有地)は〈狭い海〉の東岸に達し、ウェスタロスと関係を持ち始め、ドラゴンストーン島を領地とした。しかしながら、1世紀後に古代ヴァリリア永世領は〈破滅〉として知られる巨大な災厄によって破壊された。ドラゴンストーンを支配していたヴァリリア人のターガリエン家は1世紀ののち、エイゴン(エーゴン)征服王とその二人の姉妹妻のもとでウェスタロス侵略を果たした。軍勢は小規模であったものの、3頭のドラゴンを用いて大陸全体を服属させた。最初の戦争によって七王国のうち六王国が征服されるが、ドーンは激しく抵抗したためにエイゴンの治世では独立を保った。ターガリエン家は当地の〈七神正教〉とウェスタロス人の習慣を受け入れ、続く数十年間のうちに、統治に刃向うあらゆる抵抗を抑えこんだ。しかし〈七神正教〉の教えに背き、古代のヴァリリアの伝統に従って兄弟姉妹婚と複数婚を行った。ドーンも最終的には結婚政策によって併合された。エイゴン王は、征服した相手の剣を溶かし、〈鉄の玉座〉を作らせた。ドラゴンはターガリエン家の者だけが使いこなせ、ターガリエン家はドラゴンを殖やして支配を固めた。この時代を描いた種々の中編が中編集Fire and Bloodにおさめられている。

二百年前-双竜の舞踏-編集

ターガリエン家の統治が始まって1世紀がたったころ、本シリーズの約200年前に"双竜の舞踏"と呼ばれる王位をめぐる内乱が起き、ドラゴンはほぼ死滅した。すでにターガリエン家は支配力を固めており、その統治はゆるがなかった。この内乱の時代を描いた種々の中編が中編集Fire and Bloodにおさめられている。

九十年前-ダンクとエッグ-編集

約100年前、王の私生児たちによる王位争いである〈ブラックファイアの反乱〉が起き、敗北者たちはエッソスに亡命して傭兵軍団を結成した。本シリーズの約90年前を舞台とした、エイリス・ターガリエン二世の祖父に当たるエイゴン・ターガリエン五世と、その友人で後に〈王の盾〉の総帥となるダンカン・ザ・トールを主人公とした、『ダンクとエッグの物語』と呼ばれる中編シリーズが3編(草臥しの騎士誓約の剣謎の騎士)発表されている。

十六年前-ロバートの反乱-編集

物語の始まる16年前、エイリス(エリス)二世王は狂王と呼ばれ、その狂気と残虐性のために内戦がおこり、ターガリエン家は権力の座から追われた。名家のうち、スターク家バラシオン家アリン家タリー家が反乱側に着き、のちにラニスター家が加わった。タイレル家マーテル家は王家の側に着き、グレイジョイ家は中立を守った。

発端は、北部のリカード・スターク公の娘でストームランドの世継ぎのロバート・バラシオンの婚約者であったリアナ・スタークがエイリスの息子レイガー(レーガー)とともに姿を消したことである。それ以前のハレンの巨城における馬上試合の勝者となったレイガーは、妻エリアを差し置いてリアナを美と愛の女王に選んでいた。失踪の理由は明らかではないが、スターク家とバラシオン家はレイガーによる誘拐とみなした。リカード公の長男ブランドンはレイガーとの決闘を要求し、若き騎士たちを率いて王都キングズランディングに赴いた。エイリス王は騎士達を逮捕して、彼らの父たちにキングズランディングに来て審問に応じるように命令した。エイリス王は、到着するやいなやリカード公を生きながら火あぶりにし、ブランドンを絞首刑に処した。ロバート・バラシオン、ジョン・アリンそしてエダード・スタークの指揮のもとで3家の連合が成り、ターガリエン家の軍勢をトライデント河(三又鉾河)で打ち破った。タイウィン・ラニスターはトライデント河の戦いまでは中立を守ったが、この戦いの結果をうけてキングズランディングを略奪し、エイリス王の世継ぎとその血筋をことごとく殺したが、エイリスの身重の妻レイラと8歳の息子ヴィセーリス(ヴァイサリス)だけはドラゴンストーンに逃亡した。エイリス王自身は自らの護衛騎士団〈王の盾〉の一員であるジェイミー(ジェイム)・ラニスターによって殺された。この後ジェイミーは〈王殺し〉とあだ名されることになった。レイラはデナーリス・ターガリエンを産んだ産褥の床で死に、デナーリスとヴィセーリスは、忠実な家臣によって〈狭い海〉を超えて自由都市に連れて行かれた。リアナとレイガーも戦いの間に死んだ。レイガーの妻のエリア、およびその子供たちのレイニスとエイゴンもラニスター家の家臣に殺された。

一方、ロバート・バラシオンは〈鉄の玉座〉を奪い、ラニスター家との同盟を確保するために、タイウィンの娘サーセイと結婚した。また、エダードは亡くなった兄の婚約者であったタリー家のキャトリンと結婚した。だがエダードは戦争から、落とし子のジョンを連れ帰った。

九年前-グレイジョイの反乱-編集

鉄諸島ベイロン・グレイジョイロバート王に対して反乱をおこしたが、鎮圧され、幼いシオンを除く息子たちも殺された。シオンは人質および里子としてエダード・スタークウィンターフェル城に送られて育てられることになった。

イギリスの歴史との対応編集

物語の背景は実際のイギリスの歴史の出来事および諸民族から着想を得たように思われる。

 

ラニスター家ランカスター家スターク家ヨーク家にあたり、以下の登場人物はそれぞれ歴史上の人物をモデルにしているように思われる。

  1. エダード・スタークは王位争いに敗れ処刑されたヨーク公
  2. ロブ・スタークはヨーク公の息子で王位に着くが、王妃の選択により内乱を招いたエドワード4世
  3. ジョン・スノウヨーク家出身ながらヘンリー7世と結婚して両家を結びつけたエリザベス・オブ・ヨーク
  4. サーセイ・ラニスターランカスター朝最後の王ヘンリー6世の王妃で、ヨーク朝との戦いを指導したマーガレット・オブ・アンジュー
  5. ジョフリー・バラシオンはヘンリー6世の子だが、王妃の不義の子と噂されたエドワード・オブ・ウェストミンスター
  6. ティリオン・ラニスターヨーク家のエドワード4世の弟で、不具の体を持ち、甥たちを幽閉し王位を簒奪したリチャード3世
  7. デナーリス・ターガリエンは、幼少のころに大陸に亡命して流浪しながら育ち、やがてイギリスに戻ってテューダー朝を創始したヘンリー7世

一方、エッソスからロイン人の移住があり独特の文化を発展させたドーンは、イスラム支配のもとでその影響を受けたスペインを連想させる。

あらすじ編集

氷と炎の歌は、ウェスタロスエッソスの架空の地域を舞台とし、地理と登場人物によって分けられた、3つの主要なストーリーをたどる。登場人物たちはかつての統治者であったターガリエン家の崩壊とロバート王の死の後、〈鉄の玉座〉を巡る主張とウェスタロスの全七王国の覇権を巡って争う。

七王国の内乱編集

第一のストーリーは、七王国自体を舞台とし、ロバート王の死後に始まる〈鉄の玉座〉を巡っての多面的な戦いを記録するものである。玉座は母の出身家である強大なラニスター家に支持された、王の息子ジョフリーに継承される。しかしながら、ロバート王の〈王の手〉であるエダード・スターク公はロバート王の子らが血統の正当性を欠くため、バラシオン3兄弟の次男であるスタニス(スタンニス)に玉座が渡るべきであることに気づく。カリスマ性をもち人気のある末弟のレンリーは長幼の順を無視して、強大なタイレル家(ティレル家)の支持の下で玉座を要求する。玉座の要求者たちが戦う間に、北部人とリヴァーランドの同盟は自治を取り戻すことを求め、エダード・スタークの世継ぎであるロブ・スタークが〈北の王〉であることを宣言する。同様に、ベイロン(バロン)・グレイジョイもまた独立を図り、自領である鉄諸島の古の玉座を主張する。いわゆる〈五王の戦い〉が最初の三部の主要な物語の筋である。

〈壁〉での〈異形〉との戦い編集

第二のストーリーはウェスタロスの極北部を舞台とする。何千年も前に、遥か北に住む謎に満ちた生き物である〈異形〉の脅威からウェスタロスを守るため、氷と砂利によって巨大な〈壁〉が魔法と労働によって築かれた。〈壁〉は480キロ(300マイル)の長さと210メートル(700フィート)の高さを持ち、王国を〈異形〉から守ることを義務とする〈冥夜の守人〉(〈夜警団〉)の〈誓約の兄弟〉(ブラザー)達によって防御かつ維持されている。物語の時点において、〈異形〉は8千年以上目撃されておらず、〈冥夜の守人〉は基本的には流刑地に変貌している。著しく弱体化し、ほとんどが犯罪者や避難民で占められ、志願したごく少数の騎士や名誉を重んじる男たちが規律を保とうとはするものの、そのほとんどの時間は壁の向こうに住む”人間の”〈野人〉(〈野性人〉)すなわち自由民をあしらうことで過ぎている。この物語の筋は主にエダード・スタークの私生児であるジョン・スノウの目を通して語られる。ジョンは〈冥夜の守人〉の階級を登り、北からの脅威の本質を学び、ウェスタロスの人々が加勢を送る余裕がないにも関わらず、王国を防御するために備える。第三部の終章までに、この物語の筋は南の内戦と絡み合うことになる。

流浪の王女デナーリスの苦闘編集

第三のストーリーは、〈狭い海〉を渡った東の巨大な大陸エッソスを舞台とし、追放状態にあるターガリエン家の最後の子孫であり、〈鉄の玉座〉の要求者であるデナーリス・ターガリエンの冒険を追う。デナーリスは、野蛮人の族長との政略結婚に売られる貧乏人から、生得の権利の下で強力かつ抜け目のない統治者へと登りつめ、その成長能力を披露する。結婚式の贈物として受け取った石化した卵から、長らく絶滅したと思われていたドラゴンが3頭孵化し、彼女の立身を助ける。ターガリエン家の紋章がドラゴンであるため、実際に戦術的に使える大きさに育つ以前であっても、ドラゴンには象徴的な価値がある。ウェスタロスから何千マイルも離れた土地で物語は展開するが、彼女が公言する目標は〈鉄の玉座〉の奪回である。

主な登場人物編集

各章は、視点人物と呼ばれる特定の登場人物の目を通し、その主観を交えて三人称で語られる。各章のタイトルは視点人物の名前あるいは視点人物を指す表現となっている。

書籍情報編集

長編編集

第1部:七王国の玉座(A Game of Thrones)
1996年発表。1997年ローカス賞、2003年イグノータス賞翻訳長編部門受賞
日本語訳:岡部宏之訳、早川書房、2002年刊行
改訂新版:岡部宏之訳、ハヤカワ文庫、2012年3月23日刊行
改訂新版:岡部宏之訳、Kindle、2012年8月1日刊行
第2部:王狼たちの戦旗(A Clash of Kings)
1998年発表。1999年ローカス賞受賞
日本語訳:岡部宏之訳、早川書房、2004年刊行
改訂新版:岡部宏之訳、ハヤカワ文庫、2012年6月22日刊行
改訂新版:岡部宏之訳、Kindle、2012年6月25日刊行
第3部:剣嵐の大地(A Storm of Swords)
2000年発表。2001年ローカス賞、2002年 Geffen 賞ファンタジー部門
日本語訳:岡部宏之訳、早川書房、2006年刊行
改訂新版:岡部宏之訳、ハヤカワ文庫、2012年10月24日刊行
改訂新版:岡部宏之訳、Kindle、2012年12月21日刊行
第4部:乱鴉の饗宴(A Feast for Crows)
2005年発表。
日本語訳:酒井昭伸訳、早川書房、2008年刊行
    :酒井昭伸訳、ハヤカワ文庫、2013年1月25日刊行
    :酒井昭伸訳、Kindle、2013年4月26日刊行
第5部 竜との舞踏 (A Dance with Dragons)
2011年発表
日本語訳:酒井昭伸訳、早川書房、2013年9月-11月刊行
    :酒井昭伸訳、Kindle、2013年10月-12月刊行
    :酒井昭伸訳、ハヤカワ文庫、2016年9月-11月刊行
(第6部)冬の狂風(仮) (The Winds of Winter)
タイトルおよび複数の章のサンプルが発表されている
(第7部)A Dream of Spring
タイトルのみ発表

ダンクとエッグシリーズ(中編)編集

『氷と炎の歌』シリーズの90年ほど前の前史を描いた中編シリーズである。以下の三篇は『七王国の騎士』(A Knight of the Seven Kingdoms)に収録されている。

草臥しの騎士(The Hedge Knight)
1999年発表。
『ファンタジイの殿堂 伝説は永遠(とわ)に②』が初訳。
『七王国の騎士』(A Knight of the Seven Kingdoms)に収録
誓約の剣 (The Sworn Sword)
2003年発表。
『七王国の騎士』(A Knight of the Seven Kingdoms)に収録
謎の騎士 (The Mystery Knight)
2010年発表。
『七王国の騎士』(A Knight of the Seven Kingdoms)に収録

その他中編編集

The Princess and the Queen
2013年発表
アンソロジー『Dangerous Women』所収。日本語未訳
The Rogue Prince, or, the King's Brother
2014年発表
アンソロジー『Rogues』所収。日本語未訳
The Sons of the Dragon
2017年発表
アンソロジー『The Book of Swords』所収。日本語未訳

日本語版における用語変更編集

『氷と炎の歌』シリーズの日本語訳は早川書房から刊行され、第1部『七王国の玉座』から第3部『剣嵐の大地』までを岡部宏之が翻訳。岡部が高齢を理由に引退し、第4部『乱鴉の饗宴』以降は酒井昭伸が担当している。

2008年に酒井訳による第4部が発売され、登場人物名・用語が岡部訳から大幅に変更された。 例えば

  • 「ケイトリン」→「キャトリン」
  • 「ブリエンヌ」→「ブライエニー」
  • 「ジェイム」→「ジェイミー」

他多数。発売時点では訳語対照表等が無く、混乱した読者から早川書房へ問い合わせが殺到した。早川書房の『氷と炎の歌』日本語版公式HPに、7月30日に第4部の酒井による「訳者あとがき」と、早川書房の「訳語の変更は不可欠」とする説明文、8月8日に訳語対照表が掲載された。

2012年に発行された第1部、第2部、第3部の改訂新版では、訳者名は岡部のままだが、登場人物名・用語が全面的に酒井訳に改められ統一されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ‘Game of Thrones’ Writer George R.R. Martin Posts ‘Winds of Winter’ Novel Excerpt”. The New York Times (2015年4月3日). 2017年2月24日閲覧。
  2. ^ ‘Game Of Thrones’ Prequel ‘House Of The Dragon’ Gets Straight To Series Order From HBO”. Deadline. 2019年10月29日閲覧。
  3. ^ Author comments, retrieved February 13, 2008

外部リンク編集