メインメニューを開く
北海道登別市のカルルス氷筍洞窟の氷筍

氷筍(ひょうじゅん)とは洞窟に発生する逆さの氷柱である。

特徴編集

  • −3程度の洞窟内で発生する。
  • 上から滴り落ちた雫が瞬時に凍りついたもので、タケノコ(筍)のような形状をしていることからこの名で呼ばれる。
  • 数千本単位で発生する。
  • 形成過程は鍾乳洞石筍と似ている。

氷筍リンク編集

氷筍は少しずつ滴り落ちた水が凍って形成される為、ほぼ完全な単結晶となっている。そのためよく滑る氷としてスケートリンクの氷に活用されている。輪切りにした氷筍を敷き詰めてリンクとする。1998-99年のシーズンに長野五輪スピードスケート会場のエムウェーブで製作された[1]

脚注編集