メインメニューを開く

氷雨」(ひさめ)は、演歌歌手佳山明生1977年のデビュー曲。後に日野美歌など多くの歌手にカバーされている。

目次

概要編集

作詞・作曲はとまりれんによる。

佳山明生によれば「作品のプロットは自身の考案だ」と語っている。

1977年12月に佳山明生のデビュー・シングルとして発売されたのが初出である[1]。その後何度も再発され1983年に80万枚近くを売り上げ、佳山のシングルとしては最大の売上を記録した。

また、曲の人気に火がつきだした頃、1982年10月には箱崎晋一郎、12月には日野美歌によるカバー・シングルも発売され、競作となった[1]。佳山盤(1982年盤)・箱崎盤・日野盤を累計した売上は約150万枚に達した[2]

1983年度の日本音楽著作権協会(JASRAC)発表による楽曲別の著作権使用料分配額では年間1位にランクインされた[3]

フジテレビ夜のヒットスタジオ』では、佳山・日野・箱崎3人がトリオで披露している。

後日放送の『夜のヒットスタジオ』でも、佳山・日野の2人がデュエットで披露している。

1983年2月3日放送のTBSテレビザ・ベストテン』の「今週のスポットライト」のコーナーには、佳山と日野の2人が出演し、1番を佳山、2番を日野が歌唱した。 ※佳山は「共演はこれで最後にしてくれ」とコメントした。

2012年10月7日放送のテレビ東京日曜ビッグバラエティ カラオケ★バトル10』で、日野が本家の佳山に挑戦する形での勝負があり、カラオケマシンの採点は、先攻の日野が89.334点、後攻の佳山が93.148点で、佳山が勝利した。

佳山明生のシングル編集

氷雨
佳山明生シングル
リリース
ジャンル 演歌ムード歌謡
時間
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 とまりれん
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1983年度年間5位(オリコン
  • 3位(ザ・ベストテン
  • 1983年上半期3位(ザ・ベストテン)
  • 1983年年間4位(ザ・ベストテン)
  • 佳山明生 シングル 年表
    氷雨
    (1982年)
    男の水割り
    1983年
    テンプレートを表示

    1977年12月1日に佳山明生のデビュー・シングルとして発売。有線放送では地味ながらもリクエストが途絶えず[1]1980年3月1日にシングル「青春譜」のB面曲として再発売[1]。その後レコードは大きな数字ではないものの売れ続け[1]1981年12月5日にシングルA面曲として再々発売[1]1982年7月21日に再々々発売された。再々々発盤は発売から7ヶ月後にオリコンのトップ10に初登場。「第25回日本レコード大賞」ロングセラー賞を受賞した。

    この曲のPRにあたっては、佳山が函館出身でありまた北海道の有線放送でのリクエストが多かったことから、北海道を中心に佳山1人で各地を巡回しキャンペーンを行った[1]。キャンペーンで手売りしたレコードは3万枚くらいに達するという[1]

    収録曲編集

    • 特記なきものは作詞・作曲:とまりれん、編曲:竜崎孝路

    デビュー盤(1977年12月)

    1. 氷雨
    2. よりを戻して

    再発盤(1980年3月)

    1. 青春譜
      作詞:いではく、作曲:遠藤実、編曲:西崎進
    2. 氷雨

    再々発盤(1981年12月)

    1. 氷雨
    2. 氷雨(カラオケ)

    再々々発盤(1982年7月)

    1. 氷雨 (3:40)
    2. わたしは愛人

    箱崎晋一郎のシングル編集

    氷雨
    箱崎晋一郎シングル
    B面 どうしたらいいの
    リリース
    ジャンル 演歌・ムード歌謡
    レーベル 東芝EMI
    作詞・作曲 とまりれん
    テンプレートを表示

    1982年10月1日東芝EMIから発売された。

    収録曲編集

    1. 氷雨
      作詞・作曲:とまりれん、編曲:竜崎孝路
    2. どうしたらいいの
      作詞・作曲:尹恒起、訳詞:三佳令二、編曲:竜崎孝路

    日野美歌のシングル編集

    氷雨
    日野美歌シングル
    B面 北の女
    リリース
    ジャンル 演歌・ムード歌謡
    レーベル ユニオンレコード
    作詞・作曲 とまりれん
    チャート最高順位
    • 週間5位(オリコン
    • 1983年度年間15位(オリコン)
    • 6位(ザ・ベストテン
    • 1983年上半期9位(ザ・ベストテン)
    • 1983年年間21位(ザ・ベストテン)
    日野美歌 シングル 年表
    私のあなた
    (1982年)
    氷雨
    (1982年)
    待ちわびて
    1983年
    テンプレートを表示

    日野美歌の2枚目のシングルとして、1982年12月5日ユニオンレコードのレーベルでリリースされた[4]。オリジナルの歌詞と異なった個所が存在する。

    日野はこの曲で1983年の『第34回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。

    一時期徳間ジャパンコミュニケーションズのジャパンレコーズレーベルに在籍し、葵司朗とのデュエット曲「男と女のラブゲーム」[5]がヒットしたがジャパンレコーズ発売のいわゆる“全曲集”などでも「氷雨」はテイチク・ユニオンレコードから原盤貸与を受けてオリジナルバージョンが収録されていた(通常では移籍後の新録音というパターンが多い)。

    収録曲編集

    1. 氷雨
      作詞・作曲:とまりれん、編曲:高田弘
    2. 北の女
      作詞・作曲:あいたかし、編曲:高田弘

    収録アルバム編集

    その他のカバー編集

    脚注編集

    1. ^ a b c d e f g h 「話題の歌手(33) 佳山明生」『映画情報』(国際情報社)1983年4月号。
    2. ^ 【あの人は今こうしている】飲み代に総額2億5000万円使っていたのがわかり、「我ながらあきれた」 佳山明生さん、ゲンダイネット、2011年4月27日。
    3. ^ 「歌謡界『アンコ椿』の夢よ再び──新人づくり四苦八苦(ニュースの周辺)」『日本経済新聞』1985年1月31日付夕刊、3頁。
    4. ^ 後年発売のベストアルバムでは、レーベルがテイチクレコードに変更されている。
    5. ^ この曲のみミノルフォンレーベルで発売された。

    関連項目編集