永井 浩二(ながい こうじ、1959年昭和34年〉1月25日[1] - )は、日本の実業家野村ホールディングス株式会社CEO[2][3][4]

ながい こうじ
永井 浩二
生誕 (1959-01-25) 1959年1月25日(61歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 中央大学法学部
職業 実業家

人物編集

  • 1959年昭和34年)東京都新宿区市ヶ谷で生まれた。
  • 父は銀行に務め、母と兄との4人家族。父の転勤に伴って転居が続き、小学校に入学したのは長野県更埴市屋代(現・千曲市)。2年生で東京・高円寺へ引っ越し、以後は杉並区暮らしだった。
  • 中央大学杉並高等学校から内部進学で中央大学法学部へ進み、テニスに打ち込んだ。4年になっても、就職はまだ早い気がしていたが、就活に走る友人に刺激され、先輩の話を聞きにいく。そこで「ここだけはやめよう」と思った職種の1つが、証券マン。だが、野村に入った先輩におごってもらう学友に誘われ、鰻をごちそうになったことを契機に、内定をもらう。兄の就職の際には「証券会社はやめておけ」と言った父も、「野村ならいい」と言ってくれた。
  • 1981年(昭和56年)3月中央大学法学部卒業。
  • 1981年(昭和56年)4月に野村證券に入社、高松支店に配属され、初めて箱根山を越えた。

経歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑』読売新聞東京本社、2016年、2016年版、231頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 永井 浩二「お客のために実らせた「戮力一心」」『PRESIDENT』2013年11月4日号、プレジデント社、2013年12月27日、 ASIN B00FH1HFAA
  3. ^ a b c d e f g h i j k 永井 浩二「力まず維持した「安時而処順」」『PRESIDENT』2013年11月18日号、プレジデント社、2013年12月27日。
  4. ^ a b c d 永井 浩二(ながい・こうじ)”. PRESIDENT Online. プレジデント社. 2019年11月25日閲覧。


先代:
渡部賢一
野村ホールディングスグループCEO
2012年 -
次代:
(現職)
先代:
渡部賢一
野村ホールディングス社長
2017年 -
次代:
(現職)
先代:
渡部賢一
野村證券社長
2012年 - 2017年
次代:
森田敏夫
先代:
古賀信行
野村證券会長
2017年 -
次代:
(現職)