メインメニューを開く

永井 直敬(ながい なおひろ)は、江戸時代中期の譜代大名下野烏山藩主、播磨赤穂藩主、信濃飯山藩主、武蔵岩槻藩初代藩主。尚庸系永井家2代。

 
永井 直敬
Nagai Naohiro.jpg
永井直敬
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文4年(1664年
死没 正徳元年6月3日1711年7月18日
別名 大学(通称
戒名 正功院殿傑真寛英
墓所 東京都中野区上高田の功運寺
官位 従五位下、伊賀守、伊豆
幕府 江戸幕府
河内国内→下野烏山藩
播磨赤穂藩主→信濃飯山藩
武蔵岩槻藩
氏族 永井氏
父母 父:永井尚庸、母:太田資宗の娘
正室:松平典信の娘
継室:永井直右の娘
尚品(長男)、尚平直陳尚方(五男)、
内藤頼由、娘(土方豊義正室)、
娘(諏訪忠尋正室のち新庄直祐継室)

経歴編集

寛文4年(1664年)、永井尚庸の次男として生まれる。延宝5年(1677年)、父の死去により跡を継ぎ、同年閏12月26日に従五位下、伊賀守に叙任する。貞享4年(1687年)、那須氏が改易されたため、代わって河内国内に所領を持っていた直敬が下野烏山藩主として転封される。元禄7年(1694年)11月15日に寺社奉行となり、後に奏者番も兼任する。烏山藩主時代の直敬について『土芥寇讎記』に人使いが良くない愚将、まだ若く才能があり利発だが「人をからかう癖がある」と記されている。


元禄14年(1701年)9月1日、浅野長矩が改易された後を受けて、3,000石加増の3万3000石で播磨赤穂藩主となる。しかし寺社奉行として幕政に参与していたことから、藩政は家臣団によって行なわれた。宝永元年(1704年)10月1日には若年寄となる。宝永2年(1705年)、赤穂藩で大洪水が発生して4000石を失う大被害を受けた。同年9月22日に伊豆守に叙任する。

宝永3年(1706年)1月28日に信濃飯山藩に移封される。宝永8年(1711年)2月11日に武蔵岩槻藩に移封されるが、正徳元年(1711年)6月3日、岩槻にて死去した。享年48。

跡を次男の尚平が継いだ。


先代:
永井尚庸
河内国
1677年 - 1687年
次代: