メインメニューを開く

永井 直期(ながい なおざね)は、摂津高槻藩の第6代藩主。

 
永井 直期
Nagai Naozane.jpg
時代 江戸時代中期
生誕 元禄16年3月3日1703年4月18日
死没 明和2年4月22日1765年6月10日
別名 文九郎(幼名)、直期
戒名 菊隠宗芳三径院
墓所 東京都品川区北品川の東海寺清光院
官位 従五位下、飛騨
幕府 江戸幕府
摂津高槻藩
氏族 永井氏
父母 父:永井直圓、母:松平忠継の娘
養父:永井直英
兄弟 直達直亮、政之丞、千次郎、直期直度
直教直次増山正邑妻木頼紀
正室:南部信恩の娘
直行、直養、直珍牧野成融安藤寛長
娘(阿野公蠅室)、娘(保科正富正室)、
娘(飛鳥井雅重室)、娘(水野忠興正室)、
娘(永井直温正室)、娘(伊沢方守正室)

元禄16年(1703年)3月3日、大和新庄藩主・永井直円の五男として生まれる。長兄の直達は高槻藩の第4代藩主であったが、宝永3年(1706年)に早世した。その跡を継いだ従兄の第5代藩主・直英正徳5年(1715年)に早世し、直期はその養子として跡を継いだ。藩政では藩財政再建のため、百姓に重い年貢を課したという。延享5年(1748年)1月16日、長男の直行に家督を譲って隠居し、明和2年(1765年)4月22日に死去した。享年63。