永井 直温(ながい なおあつ)は、江戸時代中期から後期の大名大和新庄藩の第4代藩主。永井家宗家8代。

 
永井直温
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 延享4年(1747年
死没 寛政7年3月20日1795年5月8日
別名 伝八郎、大膳(通称
戒名 仁峯道智本源院
墓所 京都府京都市上京区天神町の興聖寺
官位 従五位下、信濃
幕府 江戸幕府
大和新庄藩
氏族 永井氏
父母 父:永井直国、母:北条氏貞の娘
兄弟 直孝直温直道高井実輝前田定賢
正室:永井直期の娘
直方直柄(次男)、直景(三男)、
娘(松浦矩正室)、娘(本庄道昌正室)、
娘(永井直高室)、娘(室賀正美正室)、娘
テンプレートを表示

延享4年(1747年)、第3代藩主永井直国の次男として生まれる。長兄の直孝が早世したため、宝暦12年(1762年)9月8日に世子となり、明和2年(1765年)、父の死去で家督を継いだ。半蔵門番、日光祭祀奉行、竹橋口門番、二条城在番、大坂城加番代、京橋口定番などを歴任する。藩政においては領民に増税を強いるなど悪政を敷いたという。

寛政7年(1795年)3月20日に死去した。享年49。跡を長男の直方が継いだ。