メインメニューを開く

永井 直進(ながい なおのぶ)は、摂津高槻藩の第9代藩主。

 
永井 直進
Nagai Naonobu.jpg
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦11年(1761年
死没 文化12年2月2日1815年3月12日
改名 虎之介(幼名)、直進
戒名 瑞林宗雲法心院
墓所 東京都品川区北品川の東海寺清光院
官位 従五位下、日向
幕府 江戸幕府
摂津高槻藩
氏族 永井氏
父母 父:永井直珍、母:本多康桓の娘
兄弟 直進本多忠昶
正室:松平信礼の娘・喜鶴
直与直成伊奈忠敬堀田正義
植村泰成中川忠愛直和
娘(藤堂高兌正室)、娘(六郷政純正室)、
娘(伊沢政常室)、娘(大岡直泰養女)、
娘(松平正路正室)、娘(榊原忠起室)、
佐藤乱之助室)、娘(太田雅和室)、
娘(佐橋佳為室)、娘(畠山義宣継室)
テンプレートを表示

宝暦11年(1761年)、第8代藩主・永井直珍の長男として生まれる。明和8年(1771年)1月16日、家督を相続した。安永7年(1778年)12月16日、従五位下日向守に叙任した。寛政元年(1789年)8月14日、摂津・河内両国内の幕領1万4000石を預かる。以降、預かる幕領は増加していく。寛政4年(1792年)4月23日、京都火消役を命じられる。寛政12年(1800年)5月13日、京都火消役を命じられる。享和2年(1802年)12月1日、京都火消役を命じられる。文化6年(1809年)8月23日、隠居して長男の直与に家督を譲る。隠居にともない、通称を右京亮に改める。文化12年(1815年)2月2日、死去する。享年55。