メインメニューを開く

永井義雄(ながい よしお、1931年11月25日- )は、日本の経済学史学者、名古屋大学名誉教授名古屋大学経済学部教授を経て、一橋大学社会科学古典資料センター教授を務めた。経済学史・社会思想史専攻。ロバート・オーウェンベンサムを中心として英国社会思想を研究する。

目次

略歴編集

愛知県生まれ。1954年3月名古屋大学経済学部卒業、1959年名古屋大学大学院経済学研究科博士課程満了。同年名古屋大学経済学部助手任官。水田洋に師事。61年名古屋市立女子短期大学講師、63年名古屋市立女子短期大学講師、同年「イギリス急進主義の研究」で名大経済学博士。65年金沢大学教養部助教授、75年同教授、81年名古屋大学経済学部教授、83年金沢大学教授併任(名古屋大学経済学部併任)、84年名古屋大学経済学部教授。90年古賀英三郎教授の任期満了退任後、一橋大学社会科学古典資料センター教授に就任。94年名古屋大学名誉教授、95年一橋大定年退職、後任は渡会勝義。同年関東学院大学経済学部教授。02年同定年退職[1]

著書編集

  • イギリス急進主義の研究 空想的社会主義の成立 御茶の水書房、1962.
  • ロバート・オーエン試論集 非政治的解放理論の構造 ミネルヴァ書房、1974.
  • 人類の知的遺産 44.ベンサム 講談社、1982.7.
  • ロバアト・オウエンと近代社会主義 ミネルヴァ書房、1993.6.
  • イギリス近代社会思想史研究 未来社、1996.2.
  • 自由と調和を求めて ベンサム時代の政治・経済思想 ミネルヴァ書房、2000.5. Minerva人文・社会科学叢書
  • 近代的理念の移入と屈折 日本と東南アジアにおける西欧近代 白桃書房、2002.3. KGU叢書
  • ベンサム 研究社、2003.3. イギリス思想叢書

共編著編集

翻訳編集

脚注編集

参考編集

  • 『経済系』関東学院大学経済学会193(永井義雄教授定年記念号), 1-150,肖像巻頭1枚, 1997-10
  • [1]