永享相模の地震(えいきょうさがみのじしん)[1]は、1433年10月28日11月6日)(永享5年9月16日)に、相模辺りを震源域として発生した地震である[2][3]

概要編集

地震の規模は少なくともM7以上で。鎌倉や大山などで被害が発生し、死者が多数出た[2]余震も相次いで発生した。この地震で発生した津波により、利根川が逆流した。(当時は荒川と合流し、東京湾北部が河口であった。)

脚注編集

  1. ^ 地震、飢饉、疫病が続発し、南北朝から戦国時代へと乱世が続いた室町時代(福和伸夫) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年10月20日閲覧。
  2. ^ a b 相模トラフ | 地震本部”. www.jishin.go.jp. 2020年10月20日閲覧。
  3. ^ 石橋克彦小田原付近に発生した歴史地震とその地学的意義」『地學雜誌』第102巻第4号、東京地学協会、1993年8月、 341-353頁、 doi:10.5026/jgeography.102.4_341ISSN 0022135XNAID 10007190144