メインメニューを開く

永代 静雄(ながよ しずお、1886年明治19年)2月12日 - 1944年昭和19年)8月10日)は、日本の小説家新聞記者田山花袋の小説『蒲団』のヒロイン横山芳子の恋人である田中のモデル。別名義に湘南生。

兵庫県に生まれ、伯父の養子となり永代姓となる。牧師となるため関西学院に入学、神戸教会に所属するが、同志社の神学部に移る。花袋の弟子となっていた岡田美知代と恋仲になり上京するが仲を裂かれ、新聞記者をするが、1909年、美知代の妊娠により結婚。同年離婚して関西に戻るが、再び上京して美知代と出奔、各地を転々とするが、最終的に美知代とは別れ、毎夕新聞に勤めたのち、新聞研究所を設立する。この間、『不思議の国のアリス』の日本での初訳を行ったほか、主に湘南生の名義で大衆小説や少年向きSFを多く執筆した。主な作品に、徳富蘆花の『小説 不如帰』のSFパロディである『小説 終篇不如帰』など。

1933年(昭和8年)ころより伝書鳩研究に専念し、雑誌『普鳩』を発行した。

『蒲団』での静雄像は歪められていると、後年美知代は書いている。

参考文献編集

  • 横田順彌『快絶壮遊[天狗倶楽部] 明治バンカラ交友録』 教育出版 1999年