メインメニューを開く

永塚 一栄(ながつか かずえ、1906年 - 1982年)は、日本撮影監督である[1]。『殺しの烙印』や『ツィゴイネルワイゼン』などの撮影を手がけた[2]

ながつか かずえ
永塚 一栄
永塚 一栄
日本映画撮影監督協会『映画撮影』第4号(1962)より
生年月日 1906年
没年月日 1982年
出生地 日本の旗 日本
職業 撮影監督
ジャンル 映画
テンプレートを表示

目次

フィルモグラフィー編集

受賞編集

脚注編集

  1. ^ MoMAK Film 白黒の美学――日本の撮影監督”. 京都国立近代美術館 (2014年). 2018年7月11日閲覧。
  2. ^ 生と死、現実と夢幻を彷徨う故・鈴木清順の謎かけ怪奇映画『ツィゴイネルワイゼン』”. シネマトゥデイ (2017年5月12日). 2018年7月11日閲覧。
  3. ^ 第2回ヨコハマ映画祭 1980年日本映画個人賞”. ヨコハマ映画祭 (1980年). 2018年7月11日閲覧。
  4. ^ 毎日映画コンクール 第35回(1980年)”. 毎日新聞 (1980年). 2018年7月11日閲覧。
  5. ^ 第4回日本アカデミー賞優秀作品”. 日本アカデミー賞 (1981年2月12日). 2018年7月11日閲覧。
  6. ^ 第5回日本アカデミー賞優秀作品”. 日本アカデミー賞 (1982年2月18日). 2018年7月11日閲覧。

外部リンク編集