永射保

永射 保(ながい たもつ、1953年10月3日 - 2017年6月24日[1])は、鹿児島県出身の元プロ野球選手投手)。

永射 保
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県
生年月日 (1953-10-03) 1953年10月3日
没年月日 (2017-06-24) 2017年6月24日(満63歳没)
身長
体重
172 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1971年 ドラフト3位
初出場 1972年4月14日
最終出場 1990年10月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

目次

経歴編集

指宿市立指宿商業高等学校では1971年夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、定岡智秋のいた鹿児島実業高等学校に敗退した。永射もこの予選の2回戦で鹿屋工を相手にノーヒットノーランを記録している。

同年のドラフト3位で広島東洋カープに入団。外木場義郎のボールを見てレベルの高さを痛感、1973年5月には初先発の機会も与えられたが、広島では1勝も挙げられなかった。

その当時、安田猛が遅いボールで王貞治をキリキリ舞いさせるのを見て遅いボールで生きて行こうと決意する。2年目のオフ、別当薫監督と長谷川良平コーチと相談し腕を下げたのが変則フォームの始まりだったという[2]

1974年乗替寿好との交換トレードで太平洋クラブライオンズに移籍する。中継ぎとして起用されたが、結果を出せず苦しんだ。山田久志のフォームを研究、踏み込む足をインステップにして、ワンテンポタイミングを遅らせるフォーム改造に4年を掛けて成功[2]1976年から一軍に定着し、翌年には先発の一角として9勝をあげる。その後は貴重な左のリリーフ投手として起用され、ローテーションの谷間では先発もこなした。

永射は、「左のサイドハンドアンダースローと書かれることもある)」という流麗かつ特異な投げ方から、左殺しとして活躍した。広岡達朗監督時代は左のワンポイントエースとして、1982年1983年1985年と3度のリーグ優勝に貢献する。1983年の巨人との日本シリーズでは5試合に登板、第6戦ではワンポイントリリーフながら勝利投手となり日本一に貢献した。1985年の阪神との日本シリーズでも1勝を挙げた。

1987年、永射は広瀬新太郎との交換トレードで片平晋作と共に横浜大洋ホエールズに移籍、1989年福岡ダイエーホークスに移籍、1990年に現役を引退し19年間の現役生活にピリオドを打った。永射は歴代3位となる566試合のリリーフ登板を記録、年間リーグ最多登板試合を4回記録している。西武時代は、特にピンチで相手主軸を一人抑えて流れを引き戻すことも多く「史上最強のワンポイント」との呼び声もある。

球界を引退した後は福岡県小郡市西鉄小郡駅前でスナック「サウスポー」を営む一方、プロ野球マスターズリーグにも福岡ドンタクズの選手として参加していた。また、リトルリーグ「小郡リトルシニア」の監督を務めたり、筑後・佐賀を放送エリアとするドリームスFMで「スクランブル交差点」という番組を担当したり、佐賀県の運送会社「株式会社大運」の顧問を務めるなど地元の筑後を中心に幅広く活動していた。

2017年2月18日放送の『球辞苑』にVTRで登場。このときすでに体調を崩していたものの、「伝説の左殺し」として自らの投法や投球術について身振り手振りを交えて解説していた。結果的にこれが最後のメディア出演だった。同番組の放送から4ヶ月後の6月24日肝臓癌のため福岡県久留米市の病院で死去した。63歳没[1]

人物編集

  • 「左サイドスローのワンポイント・リリーフ」の開拓者といえる永射であるが、永射は「太平洋ライオンズに移籍した頃、理髪店の鏡にテレビの野球中継が映されており、そこに阪急の山田(久志)さんが投げているのを見ましてね。鏡だから当然左右逆。これ(山田さんの投げ方)を参考にすればいいんじゃないですか」と思いあたり、4年かけて左サイドスローのスタイルを確立していったことを語っている[3]
  • その永射は太平洋・クラウン時代は西鉄末期以来の慢性的な投手不足のため先発・リリーフで併用されていた。西武ライオンズになってから1981年以降はワンポイントに徹していた永射ではあるが、1982年パ・リーグ前期優勝のためには大切な、勝てばマジック点灯という「6.23西宮決戦」で奇襲先発したのが永射だった(永射の先発を知っていたのは永射本人、広岡監督、八木沢荘六投手コーチ、捕手の大石友好のみで、誰もが右サイドスローの高橋直樹投手が先発するものと思われていた)。試合は前半で阪急先発の山沖之彦を打線が打ち崩し、先発の永射もそれで楽になり好投し、終盤にここ二日間寝ていない疲れが出て打ち込まれ、最終的に4失点で降板したが大差で勝利した。チームはそのまま前期優勝へ突き進み、この奇襲先発は広岡監督に信頼されての抜擢であった。永射はこれ以降西武を出るまで「阪急キラー」と呼ばれた[4]
  • 現役時代の永射のニックネームは「毛ガニ」であった。これは体毛が濃かった事に由来している。
  • 現役時代は制球力に優れた投手という評判があった。永射はそれについて、「1日30kmは走った。休んだのが自分の誕生日と台風で天気が悪かった時くらい、正月も休み無しで走り込みした。自分の制球力はランニングで作られたもの」と述懐している[3]
  • 水島新司漫画野球狂の詩』の水原勇気ピンク・レディーの『サウスポー』のモデルという(本人談)。ピンク・レディーの武道館コンサートで一緒に踊って下さいと頼まれたともいう[2]
  • レロン・リーロッテ)やトニー・ソレイタ日本ハム)が永射を大の苦手としており、「顔を見るのも嫌」と言わしめた。特にリーは苦肉の策として、本来の左打席ではなくメジャー時代以来となる右打席に入って打ったこともある(1981年8月10日の4回表、二死満塁でこれを行い、永射は2点タイムリーヒットを打たれている)ほどで、一説には「永射がいるから来期の契約更新はしない。日本を去る」という発言があったと噂も流れた。また、ソレイタは史上初の5打席連続ホームランがかかった打席で永射と当たってしまい、涙目で完全に打撃にならず三振に倒れ、このことが打倒西武を目標としていた球団の構想から外れる原因になったといわれる。1983年の日本シリーズでは当時ジャイアンツの最強の左打者だった篠塚利夫がチャンスの度にワンポイント登板の永射と対戦、4打席で3三振(1四球)に打ち取られ、永射はシリーズの流れを変える働きを示している。篠塚は左投手を苦にしない巧打者だったが、永射は打ちあぐねてしまった。
  • 1981年7月19日平和台野球場日本ハム柏原純一に敬遠球を本塁打にされた。これは日本プロ野球史上唯一の記録である。打たれた永射は後に西武に移籍してきた江夏豊にその事を指摘されると、非常に恥ずかしいことだったと言ったという。
  • 永射の「小郡リトルシニア」での教え子に、西武の永江恭平がいる。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1972 広島 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 1 0.0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1 ---- ----
1973 20 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 81 16.2 28 5 5 0 0 15 0 0 11 10 5.29 1.98
1974 太平洋
クラウン
西武
14 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 51 11.0 13 2 6 0 1 9 0 0 10 10 8.18 1.73
1976 45 4 2 0 0 3 4 1 -- .429 372 91.2 74 7 25 1 3 60 0 0 44 42 4.11 1.08
1977 49 15 4 0 2 9 10 6 -- .474 791 199.2 164 23 33 2 6 109 2 1 80 74 3.33 0.99
1978 14 1 0 0 0 0 3 1 -- .000 133 32.2 31 4 7 1 1 23 0 0 14 12 3.27 1.16
1979 63 3 1 0 1 5 3 1 -- .625 448 106.2 106 16 23 7 5 70 2 0 58 49 4.12 1.21
1980 56 11 2 0 1 6 3 1 -- .667 520 123.2 123 18 38 1 4 94 0 0 67 61 4.43 1.30
1981 61 0 0 0 0 6 3 4 -- .667 354 86.1 76 7 18 3 1 70 0 0 36 30 3.14 0.98
1982 42 2 0 0 0 3 4 4 -- .429 184 44.0 43 10 13 3 1 38 0 0 30 29 5.93 1.27
1983 42 1 0 0 0 2 1 0 -- .667 162 41.0 40 3 7 0 2 43 0 0 12 11 2.41 1.15
1984 48 1 0 0 0 6 4 1 -- .600 251 61.1 51 11 21 1 0 50 0 0 29 28 4.11 1.17
1985 33 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 134 30.0 32 9 16 3 0 20 0 0 24 23 6.90 1.60
1986 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 18 3.1 5 2 2 1 1 4 0 0 4 4 10.80 2.10
1987 大洋 39 0 0 0 0 0 0 1 -- ---- 111 26.0 27 5 7 2 1 24 1 0 19 17 5.88 1.31
1988 27 0 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 64 12.2 19 0 5 1 2 9 0 0 10 6 4.26 1.89
1989 ダイエー 39 0 0 0 0 2 0 1 -- 1.000 59 14.2 11 2 6 2 0 11 0 0 5 5 3.07 1.16
1990 8 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 15 4.2 2 2 1 0 0 5 0 0 2 2 3.86 0.64
通算:18年 606 40 9 0 4 44 37 21 -- .543 3749 906.0 846 126 232 28 28 654 5 1 456 414 4.11 1.19
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 太平洋(太平洋クラブライオンズ)は、1977年にクラウン(クラウンライターライオンズ)に、1979年に西武(西武ライオンズ)に球団名を変更

記録編集

背番号編集

  • 20 (1972年 - 1973年)
  • 31 (1974年 - 1986年、1989年 - 1990年)
  • 13 (1987年 - 1988年)

出典編集

関連項目編集