メインメニューを開く

永山 美樹(ながやま みき、1886年(明治19年)[1]- 1949年(昭和24年)[1])は、日本の建築家デザイナー

略歴編集

1907年(明治40年)、京都高等工芸学校図案科卒業[1]後、宮内省入省。

内匠寮技手として国会議事堂コンペで三等をとった後、退職[1]。その後、国会議事堂建設の設計嘱託となる[1]

1922年(大正11年)株式会社高島屋に入社、また長堀店装飾図案入社[1]1932年(昭和7年)に長堀店家具装飾部設計部主任となり、1934年(昭和9年)には設計部長となる[1]。 また1938年(昭和13年)には長堀店商事部設計部長となり、1942年(昭和17年)商事部設計課長を経て、1943年(昭和18年)定年退職する[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『皇室建築 内匠寮の人と作品』426頁。

参考文献編集